★更新予定【ネイリン(ホスラブコナゾール)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

ネイリンは、経口の抗真菌剤で爪白癬の治療薬です。
2017年11月6日開催予定の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会にて製造販売承認の可否が検討されることになっています。

今回は、ネイリンの効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

ネイリンってどんな薬?
ネイリンってどうやって効くの?
ネイリンの用法・用量
ネイリンの副作用
ネイリンの注意点
まとめ

ネイリンってどんな薬?

ネイリンは、有効成分ホスラブコナゾールで、爪白癬治療薬の飲み薬です。
経口の白癬治療薬としては、イトリゾールやラミシールがすでにあります。

ネイリンってどうやって効くの?

ネイリンの有効成分ホスラブコナゾールは、白癬菌の細胞膜の成分である【エルゴステロール】の生成を止める効果があります。
その結果、白癬菌は細胞の維持ができなくなり、死滅します。

ネイリンの用法・用量

添付文書公開され次第更新します。

ネイリンの副作用

添付文書公開され次第更新します。

ネイリンの注意点

添付文書公開され次第更新します。

まとめ

添付文書公開され次第更新します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る