【アレジオン錠・ドライシロップ(エピナスチン)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

アレジオンは、気管支喘息(錠剤のみ)・アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う掻痒感などの、抗アレルギー症状を緩和する効果があります。

日本では、ドライシロップ・錠剤の製剤が販売されています。

今回は、アレジオンについて、効果効能・副作用や注意点について、紹介します。

目次

アレジオンってどんな薬?
アレジオンってどうやって効くの?
アレジオンの用法・用量
アレジオンの副作用
アレジオンの注意点
まとめ

アレジオンってどんな薬?

アレジオンは有効成分エピナスチンの抗アレルギー薬です。
日本では、錠剤が1994年6月に、ドライシロップが2005年3月に販売開始されました。

◆アレジオン錠10/ アレジオン錠20
効能・効果
気管支喘息
アレルギー性鼻炎
蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹、そう痒を伴う尋常性乾癬

◆アレジオンドライシロップ1%
効能・効果
アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒
引用:アレジオン錠添付文書 アレジオンドライシロップ添付文書

アレジオンは錠剤のみ、気管支喘息の適応があります。
アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う掻痒にはどちらの製剤も用いることができます。

アレジオンってどうやって効くの?

アレジオンの有効成分エピナスチンは、ヒスタミンH1受容体をブロックする、いわゆるヒスタミンブロッカーに分類されます。

ヒスタミンはアレルギー反応に関連する生体内物質です。
肥満細胞をはじめ炎症性の免疫細胞から放出されるヒスタミンは、周囲の細胞に働きかけ、アレルギー反応を引き起こします。

ヒスタミンブロッカーは、ヒスタミンが働きかけるスイッチ(受容体という)に先に結合して、ヒスタミンと結合するのを防ぐ働きをもちます。
その結果、アレルギー反応を抑えることができます。

そのほか、アレルギー反応に関係する各種物質の放出抑制作用などを有します。

ロイコトリエン C4 (LTC4),血小板活性化因子 (PAF),セロトニン,ブラジキニン等のメディエーターに対する抗メディエーター作用とヒスタミン,SRS-A,PAF のメディエーター遊離抑制作用を発揮する。さらに,インターロイキン (IL)-6,IL-8 等の炎症性サイトカインの産生,遊離や好酸球の遊走・接着分子の発現などに対する抑制作用を有する。
引用:アレジオン インタビューフォーム

アレジオンの用法・用量

◆アレジオン錠10/ アレジオン錠20
気管支喘息、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹、そう痒を伴う尋常性乾癬
通常、成人にはエピナスチン塩酸塩として1回20mgを1日1回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

アレルギー性鼻炎
通常、成人にはエピナスチン塩酸塩として1回10~20mgを1日1回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

◆アレジオンドライシロップ1%
アレルギー性鼻炎
通常、小児には1日1回0.025~0.05g/kg(エピナスチン塩酸塩として0.25~0.5mg/kg)を用時溶解して経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。
ただし、1日投与量はドライシロップとして2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)を超えないこと。年齢別の標準投与量は、通常、下記の用量を1日量とし、1日1回用時溶解して経口投与する。

年齢:3歳以上7歳未満
標準体重:14kg以上24kg未満
1日用量:0.5~1g(エピナスチン塩酸塩として5~10mg)

年齢:7歳以上
標準体重:24kg以上
1日用量:1~2g(エピナスチン塩酸塩として10~20mg)

蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒
通常、小児には1日1回0.05g/kg(エピナスチン塩酸塩として0.5mg/kg)を用時溶解して経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。
ただし、1日投与量はドライシロップとして2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)を超えないこと。年齢別の標準投与量は、通常、下記の用量を1日量とし、1日1回用時溶解して経口投与する。

年齢:3歳以上7歳未満
標準体重:14kg以上24kg未満
1日用量:1g(エピナスチン塩酸塩として10mg)

年齢:7歳以上
標準体重:24kg以上
1日用量:2g(エピナスチン塩酸塩として20mg)
引用:アレジオン錠添付文書 アレジオンドライシロップ添付文書

アレジオンは、使用目的・年齢・体重に応じて量を調節して使用します。
なので、医師の指示に従って使用するようにしてください。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

アレジオンの副作用

アレジオンの主な副作用として、眠気、口渇。倦怠感、胃部不快感、吐き気などがあります。

ヒスタミン受容体は中枢にも存在し、覚醒機能などに関与しています。
なので、中枢のヒスタミン受容体をブロックしてしまうことで、眠気や倦怠感などの副作用が生じてしまします。

アレジオンの注意点

副作用に眠気があるので、自動車運転や高所作業などは注意が必要です。

飲み忘れにより、アレルギー症状悪化する可能性があるので、忘れないようにしっかり飲みましょう。

まとめ

アレジオンは、花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う掻痒感などに用いられます。

年齢、体重、症状で量を変えて使用するので、医師の指示に従って、使用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る