食品アレルギーの表示基準について

スポンサーリンク

食品アレルギーを持っている人は、アレルギー反応を起こす食品を食べないことが、予防において最も重要となります。
そのため、アレルギーを持つ人に対して、その食品が含まれていないことを示すために、食品アレルギー表示が義務付けられています。
今回は、この制度について解説していきたいと思います。

アレルギー表示が義務づけられている食品

現在、7種類の食品について使用した場合表示する義務が課されています。
表示義務がある食品は以下の通りです。

  • 小麦
  • えび
  • かに
  • そば
  • 落花生

これらの食品は、発症件数が多いもしくは、症状が重篤になることが多いことから、これらの食品を用いた食品には、表示義務が課されています。

食品アレルギーの症状

食品アレルギーの症状は、じんましんやかゆみなどの皮膚・粘膜症状、くしゃみや咳、呼吸困難などの呼吸器症状、腹痛や吐き気などの消化器症状などがあります。アナフィラキシーショックという急激な血圧低下による意識の消失を引き起こす可能性もあります。
そばと落花生は重篤な症状を引き起こす可能性も高いため注意が必要です。そばはそば粉を吸い込んだだけでアレルギー症状を起こす例もあるので、さらなる注意が必要といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る