★更新予定【アジレクト(ラサギリン)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

アジレクトは有効成分ラサギリンメシル酸塩のパーキンソン病の治療薬です。

薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会にて、2018年3月1日に審議され、承認された薬です。
年内には販売される見込みとなります。

2018年3月1日 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会で審議された薬の記事はこちら(すべてではありません)
アジレクト
ガラフォルド
スージャヌ配合錠
ヘルニコア

目次

アジレクトってどんな薬?
アジレクトってどうやって効くの?
アジレクトの用法・用量
アジレクトの副作用
アジレクトの注意点
まとめ

アジレクトってどんな薬?

アジレクトは、ラサギリンを有効成分とする薬です。
パーキンソン病の治療に用いられます。

パーキンソン病は、神経が異常変化してしまうことによって生じる運動機能障害が主症状の病気です。
安静時振戦(安静しているときに、手足が震える)、動作が小さい・遅い、筋固縮、バランスがとれないなどの運動機能障害が生じます。

原因として、脳内の黒質部位におけるドパミン神経の減少が挙げられます。
ドパミンが不足することで、運動調節がうまくいかなくなると考えられています。

アジレクトってどうやって効くの?

アジレクトの有効成分ラサギリンは、非可逆的特異的モノアミン酸化酵素B(MAO-B)阻害活性を有します。

脳内のドパミンは、このMAO-Bによって分解されてしまいます。
ラサギリンはMAO-Bの働きを抑えることで、ドパミンを分解されにくくし、パーキンソン病のドパミン不足状態を改善する
ことができ、運動機能障害をかいぜんすると考えられています。

アジレクトの用法・用量

添付文書公開され次第更新します。

アジレクトの副作用

添付文書公開され次第更新します。

アジレクトの注意点

添付文書公開され次第更新します。

まとめ

添付文書公開され次第更新します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る