【バラマイシン軟膏(バシトラシン・フラジオマイシン)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

バラマイシンは、バシトラシンとフラジオマイシンの2つの抗生物質を含んだ、化膿性皮膚疾患の治療薬です。
細菌感染による化膿症状に用いられます。

今回は、バラマイシン軟膏の効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

バラマイシン軟膏ってどんな薬?
バラマイシン軟膏ってどうやって効くの?
バラマイシン軟膏の用法・用量
バラマイシン軟膏の副作用
バラマイシン軟膏の注意点
まとめ

バラマイシン軟膏ってどんな薬?

バラマイシン軟膏は、抗生物質を有効成分とする薬です。
細菌の皮膚感染による、化膿症状を改善することができます。

日本では、1954年9月に販売開始されました。

効能又は効果
〈適応菌種〉
バシトラシン/フラジオマイシン感性菌

〈適応症〉
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染、腋臭症
引用:バラマイシン軟膏 添付文書

バラマイシン軟膏は、各種皮膚感染症に用いられます。
もちろん有効成分バシトラシン・フラジオマイシンが効果がある菌限定です。
とはいっても、皮膚から標本採取して培養してどうのこうのしている暇は、現場ではないので、医師の経験則にもとづいて処方されています。

バラマイシン軟膏ってどうやって効くの?

バラマイシンには、有効成分が2つ含まれているので、それぞれ説明します。

バシトラシン

バシトラシンは、細菌の細胞壁(細胞の一番外を囲っている壁)の合成を阻害することで、細菌の生命維持をできなくさせることで、抗菌作用を示します。

フラジオマイシン

フラジオマイシンは、細菌のタンパク質合成を阻害することで、抗菌作用を示します。
抗生物質のなかの、アミノ配糖体系に属します。
細菌のタンパク質合成に必要な生体内物質であるリボソームの一部30Sリボソームに結合し、そのタンパク質合成機能を失わせることで、細菌の増殖を食い止めます。

バラマイシン軟膏の用法・用量

用法及び用量
通常、1日1~数回直接患部に塗布又は塗擦するか、あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付する。
なお、症状により適宜増減する。

用法及び用量に関連する使用上の注意
本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。
引用:バラマイシン軟膏 添付文書

バラマイシンは、1日数回患部に塗布もしくは貼付して用います。
医師から使用方法の指示があるので、それに従うようにしてください。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

バラマイシン軟膏の副作用

バラマイシンは、副作用頻度が明らかになる調査は実施されていません。

ですが、アミノ配糖体系の抗生物質全般的に、腎障害と難聴の副作用がありますので、注意が必要です。
とはいえ、内服の薬と比較すると、全身的な副作用はでにくいです。
長期連用・大量投与のケースは気を付けておきましょう。

また、薬全般的に過敏症状(発疹・アナフィラキシーショックなど)がでる場合があるので、そういった症状があれば、使用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

バラマイシン軟膏の注意点

長期使用により、この薬が効かなくなる耐性菌の出現の可能性が高くなるので、医師の使用指示を超えて使い続けることのないようにしましょう。

まとめ

バラマイシン軟膏は、皮膚の感染症の治療に用いる薬です。
1日数回患部に塗布・貼付して用います。

使用に際しては、医師の指示通りに使うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る