骨粗しょう症治療薬(アクトネル・ボノテオ)は何故起床時服用なの?

スポンサーリンク

ビスホスホネート系の骨粗しょう症治療薬であるアクトネル(一般名:リセドロン酸ナトリウム)・ボノテオ(一般名:ミノドロン酸水和物)・フォサマック(一般名:アレンドロン酸ナトリウム)などは、起床時に服用することとされています。
今回はどうして起床時に服用しなくてはいけないのかについて説明したいと思います。

起床時服用のわけ

起床時に服用しなくてはいけない理由は、食事の影響を受けやすいからです。というのも、ビスホスホネート系の薬剤は食事に含まれる金属イオンと反応することで、キレートと呼ばれる吸収されない物質へと変化してしまうことで知られています。なので、できるだけ食事と触れ合わない時間帯に服用することで最も効果が得られるため、一般的には起床時に服用することと定められています。(指示によっては、空腹時服用など他の場合もあるので、医師からの指示に従うようにしてください)
服用する際に用いる水も、硬度の高いミネラルウォーターは使用しないようにしましょう。薬の効果を弱めてしまいます。

また、服用後30分は水以外の飲食や他の薬を服用しないこととされているので、気を付けてください。

30分横にならないでってなんで?

また、多くのビスホスホネート系の薬剤の服用時の注意事項として、服用後30分は横にならないこととされています。

どうして横になってはいけないのでしょうか?理由は、すぐ横になると食道に薬がへばりついてしまい、食道炎や食道潰瘍を生じる危険性があるからです。

まとめ

ビスホスホネート系の骨粗しょう症治療薬が起床時服用なのは、食事の影響を受けて吸収が阻害されてしまうからです。また、30分間横にならないようにとされているのは、横になることで食道炎や食道潰瘍を生じる危険性があるからです。
医師の指示や用法用量をしっかり守って、薬を飲むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る