【ブロメライン軟膏】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

ブロメラインは、壊死組織を除去する塗り薬です。
有効成分は、商品名と同じくブロメラインです。

今回は、ブロメライン軟膏の効果効能、副作用や注意点について紹介していきます。

目次

ブロメライン軟膏ってどんな薬?
ブロメライン軟膏ってどうやって効くの?
ブロメライン軟膏の用法・用量
ブロメライン軟膏の副作用
ブロメライン軟膏の注意点
まとめ

ブロメライン軟膏ってどんな薬?

ブロメライン軟膏は、壊死組織除去の目的で用いられる薬です。
有効成分は、ブロメラインで、ブロメライン軟膏1gに50000ブロメライン単位含まれています。

日本では、1974年1月から販売開始されました。

【効能・効果】
熱傷・褥瘡・表在性各種潰瘍・挫傷・切開傷・切断傷・化膿創などの創傷面の壊死組織の分解、除去、清浄化およびそれに伴う治癒促進
引用:ブロメライン軟膏 添付文書

ブロメライン軟膏は、やけどや褥瘡、その他皮膚が壊死してしまうような症状になった後に、その壊死してしまった部分を溶かして、治癒を促進する目的で用いられます。
再生のときに、壊死してしまった部分が邪魔することがあるので、それを除去する効果があります。

ブロメライン軟膏ってどうやって効くの?

ブロメラインは、タンパク質分解酵素です。
人間の皮膚・組織を形作っているのはタンパク質が主成分なので、溶かすことができます。
正常の組織も溶かす作用があるので、壊死組織が除去された場合は、使用を中止する必要があります。
医師の指示をしっかりと聞いて使用するようにしましょう。

ブロメライン軟膏の用法・用量

【用法・用量】
ガーゼ、リントなどに適量の軟膏をのばし、潰瘍辺縁になるべく触れないようにして塗布。1日1回交換する。
創傷面が清浄化し、新生肉芽組織の再生が認められた場合は使用を中止する。

適用上の注意
投与方法:潰瘍面よりやや小さめのガーゼ、リントなどにうすくのばして用い、潰瘍辺縁に触れないように注意すること。
引用:ブロメライン軟膏 添付文書

適用部位よりも小さいガーゼやリント布などに薄く塗り広げて、それを患部に貼付して使用します。
1日1回交換するのが原則となります。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

ブロメライン軟膏の副作用

報告されている主な副作用として、出血や疼痛などがあります。

使用していて、症状悪化や違和感あれば、医師に相談するようにしましょう。

自己判断で中止せず、気になることあれば、医師に相談しましょう。

ブロメライン軟膏の注意点

正常組織も溶かしてしまう作用を持つので、壊死している部分以外に塗り広げないようにする必要があります。

目には用いることはできないので、目に入らないように注意しましょう。

まとめ

ブロメライン軟膏はタンパク質分解酵素である、ブロメラインを主成分とする外用薬です。
壊死してしまった皮膚組織を除去して、再生を促す目的で用いられます。

壊死組織ではない正常組織も溶かす効果があるので、必要以上に塗り広げないようにすることが大事です。
使い方は、医師から指導されると思うので、しっかりと聞いて使ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る