【ヨクイニン】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

ヨクイニンは、青年性扁平疣贅や尋常性疣贅の治療薬です。
漢字難しいですが、簡単にいってしまえばイボの治療薬です。
水イボの治療薬(※保険適応外)として、子供が服用することもあります。

【注意】ヨクイニンエキスは様々なメーカーから販売されていますが、この記事は、ヨクイニンエキス錠「コタロー」の情報に基づいて說明して行きます。
予めご了承ください。

目次

ヨクイニンってどんな薬?
ヨクイニンって何の病気に使えるの?
ヨクイニンってどうやって効くの?
ヨクイニンの一般的な使う量と回数
ヨクイニンの副作用
ヨクイニンで気を付けることは?
ヨクイニンのジェネリック(GE)ってあるの?
ヨクイニンの市販薬(OTC)ってあるの?
まとめ

ヨクイニンってどんな薬?

ヨクイニンは、青年性扁平疣贅・尋常性疣贅などのイボの治療薬として用いられています。

効能又は効果
青年性扁平疣贅、尋常性疣贅。
引用:ヨクイニンエキス錠「コタロー」 添付文書

ヨクイニンって何の病気に使えるの?

青年性扁平疣贅

「せいねんせいへんぺいゆうぜい」と読み、ヒトパピローマウイルスの3型や10型に感染することによって生じるイボです。

顔面や手の甲部分によくでき、褐色で平べったい形をしている0.5~1cm程度のイボです。
1ヶ月程度で治り、治る手前くらいで、急に赤くなりかゆみを伴います。

尋常性疣贅

ヒトパピローマウイルス2型・27型・57型の感染によって生じるとされています。
子供の手や足を中心にできるイボで、細かいキズにウイルスが入り込み、細胞の異常増殖により、イボが生じると考えられています。

伝染性軟属腫(※保険適応外)

水イボのことで、直接触らなくても、水を介して感染することがあります。
なので水泳の授業とかで、ビート板づたいやタオルづたいに感染するなど、集団で感染することがあります。

ポックスウイルス科に属する伝染性軟属腫ウイルスが原因となり生じます。

※正しくは、水いぼに対してはヨクイニンは適応外(効果効能以外の使い方)ではあるものの、経験上使っている医師がそこそこいらっしゃる印象です。
今のところ、返戻(保険機関から、この使い方は適応外だから、保険給付できないよ!と差し戻されること)もないので、使ってもいいのだろうなーと思っています。

ただし、あくまで筆者の所感であり、保険請求するかどうかは現場の医師の判断によりますし、保険機関が返戻するかどうかもその機関・時代背景によるので、必ずしも問題ないというわけではありません。
また、医療機関関係者が本記事を閲覧して、保険請求したとして、返戻を受けるなどの損失を被ったとしても、責任は負いかねます。予めご了承ください。

ヨクイニンってどうやって効くの?

そもそもヨクイニンって何?ってとこから説明します。
ヨクイニンは、ハトムギの皮を除いた種部分を指します。

イボに効果を発揮する作用機序は未だ解明されておらず、この成分が効果を発揮している!という成分も判明していません。
ですが、投与することによって、ウイルスを殺す作用を担っている免疫細胞の量が増えるとされ、それがウイルスが原因であるイボを治療できるのではないかと考えられています。

ヨクイニンの一般的な使う量と回数

用法及び用量
ヨクイニンエキスとして、通常成人1日1.0~2.0gを3回に分割経口投与する。(ヨクイニンエキス錠「コタロー」は、通常成人1日9~18錠を3回に分割経口投与する)
なお、年齢、症状により適宜増減する。
引用:ヨクイニンエキス錠「コタロー」 添付文書

子供に使う場合は、量を少なくして服用することが多いです。

ヨクイニンの副作用

ヨクイニンの副作用として、発疹・発赤・そう痒感・蕁麻疹などの過敏症や胃部不快感・下痢の消化器症状があります。
使用していて体調悪化や違和感あれば、医師に相談するようにしてください。

ヨクイニンで気を付けることは?

継続的な服用を

継続して服用することで、イボを治す・できにくくする効果がある薬です。
飲み忘れないように、継続して服用するようにしてください。

特に、子供が服用する場合は、保護者が適切に管理するようにしましょう。

ヨクイニンのジェネリック(GE)ってあるの?

漢方薬にジェネリックという概念がありません。

ヨクイニンの市販薬(OTC)ってあるの?

ヨクイニンエキス配合製剤がOTCで販売されています。

まとめ

ヨクイニンは、青年性扁平疣贅・尋常性疣贅などのイボを治療する薬です。
ハトムギの皮を除いた種部分から作られます。

使用に際しては、医師の指示に従ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る