ノバルティスのディオバン治験データ不正改ざん問題で逮捕者

スポンサーリンク

大手製薬会社「ノバルティスファーマ」の高血圧治療薬に関する臨床研究で不正なデータ操作が行われたとされる問題で、東京地検特捜部は、ノバルティスの元社員がデータを改ざんし、京都府立医科大学の研究チームに虚偽の論文を発表させたとして元社員を薬事法違反の疑いで逮捕しました。
元社員は逮捕前の取材に対し不正への関わりを全面的に否定していました。
引用:ノバルティス元社員 逮捕前 関わりを全面否定

ディオバン問題について

この臨床研究での不正なデータ操作については、過去に記事を書いたのでそちらを参考にしてください⇒
ディオバンの社員によるデータ操作の問題について
ディオバンデータ改ざん問題の続報

早い話が、ヒトに対する薬の効果効能を調べるための重要な試験である「治験」で集まったデータを、自社の利益になるように改ざんした。ということです。

この問題の余波

臨床試験に対する不信感が強くなってしまったのではないでしょうか。

ヒトに対する効果効能や副作用を調べるための治験が、実は裏でその製薬会社が改ざんできるようなずさんなものだったということが分かってしまいました。

この結果、他の製薬会社でも似たようなことが行われているのではないかと疑心暗鬼の状態を産んでしまったのではないでしょうか。

そうすると、薬を認可する厚生労働省側も審査により一層注意を払わなくてはいけなくなり、ただでさえ遅い新薬の承認がさらに遅くなってしまうことも考えられます。

再発防止に務めるのはもちろんのこと、とかげの尻尾切りではなくて、もっと根の部分から処罰を下して欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る