武田薬品が週1回使用のDPP-4阻害剤の承認を申請。

スポンサーリンク

武田薬品工業株式会社が、週一回の使用で治療できるDPP-4阻害剤の承認申請をしたとのことです。

DPP-4阻害剤ってなに?

DPP-4阻害剤は、糖尿病に対する治療薬です。
詳しくは以前に書いた記事「糖尿病の治療薬とその効果についてのまとめ」を参考にしてください。

簡単に言うと、インスリンの放出を促進してくれる「GLP-1」という生体内で産生される物質を分解する酵素「DPP-4」の活性を阻害する作用を持ちます。

週一回使用のDPP-4阻害剤

今回武田薬品が承認申請したのは、「トレラグリプチンコハク酸塩」という物質です。
毎日服用しなくてはいけない薬ですと、飲み忘れてしまったりなどで、期待される効果を得られない場合があります。週一回使用ということであれば、忙しい平日を避けて服用するなど、生活習慣に合わせた服用方法をとることが出来るといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る