【エディロール(エルデカルシトール)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

エディロールは、活性型ビタミンD製剤です。
体内で生成される活性型ビタミンDよりも、より強力な骨代謝調節作用を有します。

今回は、エディロールの効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

エディロールってどんな薬?
エディロールって何の病気に使えるの?
エディロールってどうやって効くの?
エディロールの一般的な使う量と回数
エディロールの副作用
エディロールで気を付けることは?
エディロールのジェネリック(GE)ってあるの?
エディロールの市販薬(OTC)ってあるの?
まとめ
関連する薬

エディロールってどんな薬?

エディロールは有効成分エルデカルシトールの活性型ビタミンD製剤です。
骨粗鬆症の患者さんの骨代謝調節作用を期待して用いられます。

日本では、2011年4月に販売開始されました。

【効能・効果】
○骨粗鬆症
<効能・効果に関連する使用上の注意>
本剤の適用にあたっては、日本骨代謝学会の診断基準等を参
考に、骨粗鬆症との診断が確定している患者を対象とすること。
引用:エディロール 添付文書

似たような薬のアルファロールは、慢性腎不全、副甲状腺機能低下症、ビタミンD抵抗性クル病・骨軟化症のビタミンD代謝異常に用いられますが、エディロールは現在のところ骨粗鬆症のみの適応となっています。

エディロールって何の病気に使えるの?

骨粗鬆症の治療に用いられます。
骨粗鬆症とは、簡単に言ってしまえば、骨がすかすかになってしまい、骨折の可能性が高くなる病気です。

骨粗鬆症になってしまう原因としていくつかありますが、一つにビタミンD不足があります。
ビタミンDは体内でコレステロールから作られますが、活性化には腎臓の手助けが必要です。
高齢者など、腎機能が低下している場合、ビタミンDの活性化がうまく行えず、活性型ビタミンD不足となります。

活性型ビタミンDは、腸管においてカルシウムの吸収を助ける効果や骨芽細胞(骨を作る細胞)を活性化させ骨を作る働きがあります。
なので、腎機能が低下していて、活性型ビタミンDの量が少ない方は、骨粗鬆症となってしまいます。

エディロールってどうやって効くの?

エディロールの有効成分エルデカルシトールは生体内で、活性型ビタミンDと同じような働きをし、特に骨に働きかけ、骨の生成を促す作用が強くなるように設計されています。

そのため、骨粗鬆症を改善する効果が期待できます。

エディロールの一般的な使う量と回数

【用法・用量】
通常、成人にはエルデカルシトールとして1日1回0.75μgを経口投与する。ただし、症状により適宜1日1回0.5μgに減量する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>
血清カルシウム値を定期的に測定し、高カルシウム血症を起こした場合には、直ちに休薬すること。休薬後は、血清カルシウム値が正常域まで回復した後に、1日1回0.5μgで投与を再開すること。なお、本剤1日1回0.5μg投与による骨折予防効果は確立していないため、漫然と投与を継続せず、患者の状態に応じ、1日1回0.75μgへの増量又は他剤による治療への変更を考慮すること。
引用:エディロール 添付文書

0.75μgを1日1回服用するのを基本量として、血清カルシウムの値に応じて、減量して投与します。
ですが、0.5μg投与による骨折予防効果が確立されていないので、いつまでも0.5μgを服用するのは控えることとされています。

このあたりの調節は、医師の判断によるので、その指示に必ず従うようにしてください。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

エディロールの副作用

エディロールの副作用として主に報告されているのは、血中・尿中カルシウムの増加、高カルシウム血症、吐き気・下痢・腹痛、めまいなどです。

カルシウムの吸収を促進するため、高カルシウム血症の可能性があります。
高カルシウム血症は、多尿、便秘、筋力低下、錯乱、昏睡などの症状を引き起こします。

服用していて、こうした症状や違和感を感じたら、医師にすぐに相談するようにしてください。

自己判断で中止せず、気になることあれば、医師に相談しましょう。

エディロールで気を付けることは?

飲み忘れ注意

骨粗鬆症は、人によっては骨の痛みを感じるものの、骨折等の障害が発生しなければ、自覚症状があまりありません。
そのため、服用意識が低下しがちになりますが、骨粗鬆症の状態が続けば骨折の可能性は格段に上がります。

高齢者の骨折による寝たきりは、筋力低下をまねき、一気に寿命が縮まるリスクをはらんでいます。

骨粗鬆症を甘くみずみ、エディロールの飲み忘れに注意してください。

併用注意の薬があります。

エディロールには、一緒に服用するのに注意が必要な薬があります。
現在服用している薬は、おくすり手帳を活用して管理し、医師・薬剤師に適宜確認してもらうようにしてください。

併売品が販売されています

エディロールは、中外製薬と対象富山医薬品の2つのメーカーが販売しています。
しかも、パッケージの色がだいぶ異なります。

薬局によって採用しているメーカーが異なるので、いつもと違う薬局でもらったときに、違うパッケージの可能性があります。
中身は同じなので、安心してください。

エディロールのジェネリック(GE)ってあるの?

2018年5月現在、エディロールのジェネリックは販売されていません。

エディロールの市販薬(OTC)ってあるの?

高カルシウム血症のリスクもあり、医師の管理下で用いることが望まれるため、今後もOTCとなる見込みは低いでしょう。

まとめ

エディロールは、骨粗鬆症の改善を目的とした、活性型ビタミンD製剤です。
有効成分は、エルデカルシトールです。

腎機能低下している高齢者をはじめとする、活性型ビタミンD欠乏による骨粗鬆症の改善に用いられます。

使用に際しては、医師の指示に従って服用するようにしてください。

関連する薬

ビタミンD製剤

アルファロール

骨粗鬆症治療薬

エビスタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る