酵素でダイエットってどうなの?酵素ってそもそも何?

スポンサーリンク

酵素という単語を聞いたことありますか?
酵素を摂取すると健康になったり、ダイエット効果があったりなど言われていますが、そもそも酵素ってなんなのでしょうか?

今回は、酵素について説明していきたいと思います。

酵素とは?

酵素とは、タンパク質のうち生体での化学反応の触媒としての機能を持つもののことを指します、
生体では様々な化学反応が生じているのですが、その反応が進むように支えているのが酵素になります。
タンパク質について補足しておくと、タンパク質というのは20種類のアミノ酸と呼ばれる物質が繋がった物質のことです。

酵素と一言で言っても、その種類は約5000種類程度あります。
その一つ一つに担当する化学反応があります。逆を言えば、自分の担当する以外の化学反応にはなんら役割を発揮しません。
酵素とその酵素が担当する化学反応について、少し紹介します。

酵素の紹介です。

このように、担当する化学反応がそれぞれ決まっているのです。

酵素を摂取して効果あるの?

酵素のサプリメントとか巷にはあふれていますが、ほとんど効果がないと考えられます。
というのも、酵素はタンパク質であるので、胃・腸でアミノ酸に分解されてしまい、酵素としての効果は期待できないと考えられるからです。
また、皮膚に塗るタイプも同様に効果がないでしょう。皮膚は酵素のような大きい分子を通さないような構造になっているためです。

タンパク質の薬、たとえば糖尿病に用いるインスリンは、現在でも経口投与が可能な製剤は開発されておらず、注射製剤しか用いられていません。

酵素ダイエットの信憑性

酵素ダイエットの信憑性ですが、ここまでの話を踏まえるとほとんど効果がないと言えるでしょう。
ダイエットは、日々の食生活の改善、運動不足の改善が必要となりますので、摂取するだけでダイエットできるとは思わないほうが良いかもしれません。

まとめ

酵素を用いたサプリメントには、ほとんど期待されるような効果はないと考えたほうがいいと思います。
そのようなサプリメントの宣伝には必ずといっていいほど、「効果には個人差があります。」「この効果は個人的な感想です。」と、このサプリメント使って効果がなくても文句言わないでね的な逃げ言葉が書いてあります。
このような言葉を盲目的に信じるのではなくて、きちんと化学的・生物学的に検証されているデータがあるのかどうかというのを精査することが、賢い消費者の一歩になるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る