OTC【エスタロンモカ錠】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

エスタロンモカは眠気を除去する効果がある市販の薬です。
眠いなー、だるいなーと思ったときに使います。

今回は、エスタロンモカ錠の効果効能、副作用、注意点について紹介します。

目次

エスタロンモカ錠ってどんな薬?
エスタロンモカ錠の副作用・注意点
まとめ

エスタロンモカ錠ってどんな薬?

エスタロンモカシリーズは、第3類医薬品に分類される薬です。
OTC薬なので、ドラッグストアなどで処方箋なしで購入することができます。

エスタロンモカシリーズは下記の通り。

  • エスタロンモカ錠
  • エスタロンモカ12
  • エスタロンモカ内服液

エスタロンモカ錠

1錠あたり有効成分:
無水カフェイン 100mg
ビタミンB1 5mg

1回1錠、1日3回まで(ただし短時間での連用はNG)

エスタロンモカ内服液

30mLあたり有効成分:
カフェイン水和物 150mg
ビタミンB1 10mg
ビタミンB6 5mg
グリセロリン酸カルシウム 20mg
ニコチン酸アミド 15mg
タウリン 1000mg

1回30mg、1日1回まで

エスタロンモカ12

2錠あたり有効成分:
無水カフェイン 200mg
ビタミンB1 5mg
ビタミンB6 5mg
ビタミンB12 7.5μg

1回2錠、1日2回まで(服用間隔は6時間以上あけるようにすること)

コーヒーと比較すると??

眠いときにコーヒーを飲む方もいらっしゃると思います。
コーヒーと比較したときに、覚醒作用をもつカフェインの量はどの程度含まれているのでしょうか?

コーヒー1杯がカフェイン50mg含んでいるので、エスタロンモカはコーヒー2~4杯の効果はありそうです。

エスタロンモカ錠の副作用・注意点

副作用として報告されているのは、発疹などの皮膚症状、食欲不振・吐き気・嘔吐といった消化器症状、ふるえ・めまい・頭痛・不眠といった精神神経啓の症状、動悸といった循環器の症状があります。

このような症状がでる場合は、服用を中止するようにしてください。

また、コーヒーやお茶などのカフェインを含む飲料と一緒に飲むとカフェインが過剰になってしまうので、控えてください。

カフェイン過剰摂取について

カフェインを過剰に摂取することで、健康被害を被った例が報告されています。
なので用法用量を守り、体調が悪くなったなと感じたら、服用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

まとめ

エスタロンモカは、眠気・倦怠感を除去する薬です。
有効成分は、コーヒーなどに含まれるカフェインです。

カフェインの過量摂取は、健康被害につながるので、用法用量をまもって適切に使用して、体調悪化があれば、医師にすぐに相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る