【ガチフロ点眼液(ガチフロキサシン)】って?効果効能・副作用を紹介!

はじめに

ガチフロ点眼液は、有効成分ガチフロキサシンの抗生物質目薬です。
目の細菌感染による病気や、手術前の無菌化に用いられます。

今回は、ガチフロ点眼液について、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

ガチフロ点眼液ってどんな薬?
ガチフロ点眼液って何の病気に使えるの?
ガチフロ点眼液ってどうやって効くの?
ガチフロ点眼液の一般的な使う量と回数
ガチフロ点眼液の副作用
ガチフロ点眼液で気を付けることは?
ガチフロ点眼液のジェネリック(GE)ってあるの?
ガチフロ点眼液の市販薬(OTC)ってあるの?
まとめ
関連する情報

ガチフロ点眼液ってどんな薬?

ガチフロ点眼液は、有効成分ガチフロキサシンの抗生物質目薬です。
目の細菌感染や、手術前の無菌化に用いられます。

効能又は効果
〈適応菌種〉
ガチフロキサシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、コリネバクテリウム属、シトロバクター属、クレブシエラ属、セラチア属、モルガネラ・モルガニー、インフルエンザ菌、シュードモナス属、緑膿菌、スフィンゴモナス・パウチモビリス、ステノトロホモナス(ザントモナス)・マルトフィリア、アシネトバクター属、アクネ菌

〈適応症〉
眼瞼炎、涙嚢炎、麦粒腫、結膜炎、瞼板腺炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、眼科周術期の無菌化療法
引用:ガチフロ点眼液0.3% 添付文書

ガチフロ点眼液って何の病気に使えるの?

目の細菌感染に用いられます。

ガチフロ点眼液ってどうやって効くの?

ガチフロ点眼液の有効成分ガチフロキサシンは、細菌のDNA複製を止めることにより、細胞増殖できなくさせ、増殖を止めます。

細かくは、細菌のDNAジャイレース及びトポイソメレースIV(ともに、DNAの二重らせん構造をほどきをとる酵素)を働かなくさせ、殺菌的に作用する。
動物由来のこれら酵素には作用が弱いので、人の細胞の増殖を抑えません。

ガチフロ点眼液の一般的な使う量と回数

用法及び用量
[眼瞼炎、涙嚢炎、麦粒腫、結膜炎、瞼板腺炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)]
通常、1回1滴、1日3回点眼する。なお、症状により適宜増減する。
[眼科周術期の無菌化療法]
通常、手術前は1回1滴、1日5回、手術後は1回1滴、1日3回点眼する。

用法及び用量に関連する使用上の注意
本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最少限の期間の投与にとどめること。
引用:ガチフロ点眼液0.3% 添付文書

基本的に1日3回点眼しますが、手術前の無菌化に用いる場合には1日5回使用します。
1日5回はだいたい3時間~4時間おきくらいに点す感じですね。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

ガチフロ点眼液の副作用

ガチフロ点眼液に報告されている主な副作用はこちら。

  • 目の刺激感
  • 目のそう痒感
  • 角膜炎
  • 霧視

そのほか、使用していて違和感や症状悪化があれば、医師にすぐに相談するようにしてください。

ガチフロ点眼液で気を付けることは?

使用忘れないように
抗生物質の薬すべてに共通して言えますが、使用忘れがあると細菌がまだ活性化する可能性があります。
また、中途半端な使用は耐性菌(薬がきかなくなる細菌のこと)を生み出すきっかけになるので、注意が必要です。
医師に言われた通りに使用してください。

ガチフロ点眼液のジェネリック(GE)ってあるの?

ガチフロ点眼液のジェネリックは、まだ販売されていません。

ガチフロ点眼液の市販薬(OTC)ってあるの?

まだ、OTCでの販売はありません。

まとめ

ガチフロ点眼液は、抗生物質ガチフロキサシンを含んだ目薬です。
細菌のDNA増殖を抑えることで、増殖できなくさせる効果を持っています。

使用に際しては、医師の指示に従って使用するようにしてください。

関連する情報

目薬・眼軟膏を使う順番とは
タリビット眼軟膏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る