有名な漢方の風邪薬「葛根湯」はどんな効果があるの?

スポンサーリンク

葛根湯という薬をご存じでしょうか?
葛根湯は、漢方製剤の一つであり主に風邪のときに飲む薬です。

今回は葛根湯について解説していきたいと思います。

葛根湯とは?

葛根湯は、風邪薬として医療用・OTCともに広く販売されている薬です。

自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のあるものの次の諸症
感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ腺炎)、肩こり、上半身の神経痛、じんましん
引用:ツムラ葛根湯エキス顆粒(医療用)添付文書

効能、効果は以上の通りで、風邪の治療薬として広く使われています。
また、風邪の初期段階で最も効果を発揮すると言われています。
発熱がひどい風邪に使われるのではなく、悪寒がひどい風邪に対して用いられ発汗解熱を促すことで、風邪を治すとされています。

葛根湯には、以下の生薬が含まれています。

  • 葛根
  • 生姜
  • 甘草
  • 大棗
  • 桂枝
  • 芍薬
  • 麻黄

その名前の通り、葛根が一番多く含まれています。
ですが、葛根湯の風邪に対する効果で一番効力を発揮しているのは、麻黄に含まれるエフェドリンだと言われています。

まとめ

葛根湯は、風邪の初期段階の際に用いることで、体調の早期回復を望むことが出来ます。

※葛根湯を服用する際には、医師・薬剤師の助言を参考にしてください。
特に、別の薬を服用している人はかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。
もし生じた健康被害については、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る