ハチミツを乳児に食べさせていけないのはなぜ?

スポンサーリンク

ハチミツは乳児に食べさせてはいけないのですが、どうしてなのでしょうか?理由を説明していきたいと思います。

乳児に食べさせていけない理由

結論から言うと、乳児ボツリヌス症という中毒症状を引き起こしてしまう可能性があるからです。因果関係は明らかになっており、厚生省が1987年に「一歳未満の乳児に蜂蜜を与えてはならない」旨の通達を出したほどです。
※この乳児ボツリヌス症は乳児特有の病気で、1歳以上の人がハチミツを食べてもなんら問題はありません。

乳児の体内においてのみ、ボツリヌス菌の芽胞状態のものを摂取すると、芽胞が発芽して毒素を作り出すことで、乳児ボツリヌス症になるとされています。なんで乳児の体内だけ発芽してしまうのかについては、複数の説があるのですが、腸内細菌叢(簡単にいうと、腸にいる菌の集団)があまり発達していないため・消化管が短いため殺菌しきれないためなどの説があります。

はちみつには、このボツリヌス菌が一定割合(5%程度)で含まれているため、乳児は食べないようにとのお達しがでています。

乳児ボツリヌス症の症状

乳児ボツリヌス症の症状は、便秘・吸乳力の低下・鳴き声が弱くなる・全身の筋力低下が生じます。重症例ですと、呼吸停止等を引き起こし死に至ることもあります。

まとめ

乳児にハチミツは食べさせないようにしましょう。仮に食べさせてしまった場合はとりあえず病院へ行って、ハチミツを食べさせてしまったことを申し出て、検査を行ってもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る