高血圧を予防する働きのあるカリウム(K)について

スポンサーリンク

高血圧を予防する働きを持つカリウムについてまとめていきたいと思います。

カリウムの働き

カリウムの大事な働きとして、ナトリウムと協働してのシグナル伝達があります。

また、カリウムは余分なナトリウムを尿中に放出させる作用を持っているので、高血圧の予防にも役立つとされています。

カリウムを多く含む食品

  • アボガド
  • ホウレン草

野菜、果物、豆類に多く含まれています。
積極的に摂取しましょう!!

カリウムの欠乏症

普段通りの食事をとっていれば、欠乏症になることはないとされています。ですが、夏に大量の汗をかくと、その汗と一緒にカリウムが体外に流出してしまい、低カリウム血症を引き起こし、夏バテの一因になるとされています。

カリウムの過剰症

基本的には過剰に摂取しても、尿中に排泄されるため過剰症になる心配はありませんが、腎機能障害を持つ人ですとその排泄がうまく行われずに、高カリウム血症を引き起こしてしまう可能性があります。

まとめ

カリウムは、体の機能維持に必要不可欠なミネラルです。
また、高血圧の予防や夏バテの予防にも欠かせないので、積極的に摂取しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る