乳癌を早期に発見するマンモグラフィーについて

スポンサーリンク

マンモグラフィーは乳がんを早期に発見するための手法です。X線を用いて乳房を撮影し、腫瘍がないかを検査します。今回はマンモグラフィーについて、説明していきたいと思います。

マンモグラフィーの撮影方法

マンモグラフィーの撮影方法は、圧迫板と呼ばれる板で乳房を挟み、薄くつぶして撮影を行います。この撮影を通常は4回様々な角度から行い、腫瘍がないかどうかを確認します。薄く延ばして撮影を行うため、人によっては痛みを感じる場合もあるようです。
X線を用いるので、多少の被ばくは生じてしまうものの、エネルギーを低くしたX線を用いて撮影を行うなど、被ばくを抑えた工夫がなされています。

診断方法

X線写真を元にして、正確に画像を読めるようになるための研修を受けた医師が腫瘍がないかどうかを判断します。手で触れて探すことのできなかった小さな腫瘍も発見することが出来るので、早期発見に一役買っています。

検査費用の補助

乳がんの検診には、無料になるクーポンが国から配布されます。一定年齢の人に配られるので、有効に活用すると良いでしょう。

「乳がん検診無料クーポン」は、平成23年度(23年の4月2日から24年の4月1日までの間)に40歳、45歳、50歳、55歳、60歳になった女性の皆様を対象とします。がん検診推進事業について

クーポン対象年齢でなくても、医療機関によって異なりますが概ね10000円程度でマンモグラフィー検査を受けることが出来ます。30歳台の人でも乳がんが発症している人もいらっしゃるので、医師と検査を受けるべきか相談すると良いでしょう。

まとめ

マンモグラフィーは、乳がんを早期に発見するための、乳房撮影方法のことです。国の制度で、乳がんの検診が無料になるクーポンが配布されているので、もらった人は是非有効活用しましょう。
参考URL:日本乳がん検診精度管理中央機構

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る