【マイザー(ジフルプレドナート)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

マイザーは有効成分ジフルプレドナートのステロイドの外用薬です。
ステロイド外用薬5段階の強さランクのうち、上から2番目のベリーストロング(とても強力:Very Strong)に属します。

日本では、クリームと軟膏が販売されています。
今回は、マイザーの効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

マイザーってどんな薬?
マイザーって何の病気に使えるの?
マイザーってどうやって効くの?
マイザーの一般的な使う量と回数
マイザーの副作用
マイザーで気を付けることは?
マイザーのジェネリック(GE)ってあるの?
マイザーの市販薬(OTC)ってあるの?
まとめ
関連する情報

マイザーってどんな薬?

マイザーは有効成分ジフルプレドナートのステロイド外用薬です。
発疹・あせも・虫さされをはじめとする炎症性の皮膚症状の緩和に用いられます。

ステロイドの強さランクはベリーストロング(とても強力:Very Strong)に属するので、大人の皮膚炎を中心に用いられることが多いです。

子供であっても、症状ひどい場合には用いられることもありますので、医師の指示に従うようにしてください。

効能又は効果
湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,ビダール苔癬,脂漏性皮膚炎,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む),痒疹群(蕁麻疹様苔癬,ストロフルス,固定蕁麻疹,結節性痒疹を含む),虫さされ,乾癬,掌蹠膿疱症,扁平紅色苔癬,ジベルばら色粃糠
疹,薬疹・中毒疹,慢性円板状エリテマトーデス,紅斑症(多形滲出性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑,遠心性丘疹性紅斑),特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑,シャンバーク病,紫斑性色素性苔癬様皮膚炎),紅皮症,肉芽腫症(サルコイドーシ
ス,環状肉芽腫),円形脱毛症,アミロイド苔癬(斑状アミロイドーシスを含む),肥厚性瘢痕・ケロイド
引用:マイザー インタビューフォーム

マイザーって何の病気に使えるの?

皮膚の炎症性疾患全般に用いられます。
夏であれば、虫刺されの炎症を止める目的でも用いられたりします。

炎症+細菌感染が生じている場合については、ステロイド単体では用いず、抗生物質と混ぜた外用薬を用いたり、抗生物質の内服を併用する場合があります。
これは、ステロイドの副作用として、免疫の抑制があるので、細菌感染が悪化してしまう可能性があるためです。

マイザーってどうやって効くの?

ステロイド外用薬は、塗布された後吸収され、周辺の細胞に吸収されます。
吸収された後、細胞内の核という遺伝子が格納されている場所に作用して、リポコルチンと呼ばれるタンパク質の合成を促進させます。

リポコルチンは、プロスタグランジンやトロンボキサン、ロイコトリエンといった炎症に関与する物質の原料を作り出す【ホスホリパーゼA2】を阻害することで、炎症反応全体を鎮めることができます。

マイザーの一般的な使う量と回数

用法及び用量
通常1日1~数回適量を患部に塗布する。
なお,症状により適宜増減する。
引用:マイザー インタビューフォーム

マイザーは、一日数回塗布する薬です。
使用方法の細かい指示は、医師からあると思うので、それに従うようにしてください。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

マイザーの副作用

マイザーの副作用として主に報告されているのは、軟膏で毛のう炎・せつ・坐瘡様発疹・ステロイド潮紅・毛細血管拡張、クリームで毛のう炎・せつ・坐瘡様発疹・ステロイド潮紅・毛細血管拡張・皮膚萎縮が報告されています。

アトピー性皮膚炎などをはじめとする慢性的な炎症性疾患に使用している場合、副作用の可能性が高くなります。
が、副作用の初期段階であれば、ステロイド弱くする・一旦中止するなどして改善するので、自ら中止することなく、使用するようにしてください。

ステロイド使用しないことにより、かゆみがでて掻きむしってしまうほうが、痕に残ったりするので、注意が必要です。

自己判断で中止せず、気になることあれば、医師に相談しましょう。

マイザーで気を付けることは?

医師の指示どおりの使用を

塗布する部位・期間・回数は医師の指示どおりにしてください。
ステロイドは塗布する部位に応じて、その強さを変えて用いることが一般的です。
顔や陰嚢などは特に皮膚が薄く吸収量が上がるので、基本的には弱いステロイドを用います。
症状が似てるからといって、指示された部位以外の部分に塗るのは控えましょう。

また、子供に使用する場合は、大人と比べるとワンランク下のステロイドを用います。
子供の皮膚は、全体的に薄いためです。
なので、大人がもらったステロイド外用薬を子供に使うことも控えるようにしてください。

細菌・真菌感染に気づいたら病院へ

マイザーをはじめとするステロイド外用薬使用中は、免疫が抑制されるため、細菌や真菌感染の可能性が高くなります。
なので、化膿している・かゆみがひどい・皮がむけるなどの症状ができた場合は、医師に相談するようにしてください。

マイザーのジェネリック(GE)ってあるの?

マイザーのジェネリックはすでに販売されています。
サイベース・ジフルプレドナート「KN」・スチブロンなどの名前で売られています。

ジェネリックを使用したい場合については、処方箋提出時に薬局にて、その旨を申し出てください。
医師から、先発品でなければだめといった指示がなければ、ジェネリックで提供することができます。

マイザーの市販薬(OTC)ってあるの?

マイザーの有効成分ジフルプレドナートを含むジェネリックは、2018年6月現在販売されていません。

まとめ

マイザーはステロイドの外用薬です。
有効成分はジフルプレドナートで、ステロイド外用薬の強さランクは上から2番目のベリーストロング(とても強力:Very Strong)に属します。

発疹・アトピー性皮膚炎・むしさされをはじめ、炎症性の疾患の治療に用いられます。
使用に際しては、医師の指示に従って使うようにしてください。

関連する情報

ステロイド外用薬の強さって?(アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版参考)

同じベリーストロング(とても強力:Very Strong)に属する外用薬

フルメタ
アンテベート
リンデロンDP
パンデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る