【ニゾラールクリーム・ローション(ケトコナゾール)】って?効果効能・副作用を紹介!

はじめに

ニゾラールは、真菌感染症や脂漏性皮膚炎の治療に用いられる薬です。
日本では、ローションとクリームの製剤が販売されています。

今回は、ニゾラールについて、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

ニゾラールってどんな薬?
ニゾラールってどうやって効くの?
ニゾラールの用法・用量
ニゾラールの副作用
ニゾラールの注意点
まとめ

ニゾラールってどんな薬?

効能又は効果
下記の皮膚真菌症の治療
(1) 白癬
足白癬、体部白癬、股部白癬
(2) 皮膚カンジダ症
指間糜爛症、間擦疹(乳児寄生菌性紅斑を含む)
(3) 癜風
(4) 脂漏性皮膚炎
引用:ニゾラール インタビューフォーム

白癬菌やカンジダ、癜風といった真菌の皮膚感染症に用いられます。
脂漏性皮膚炎に関しても、癜風菌が関与していると考えられており、その治療に用いられています。

ニゾラールってどうやって効くの?

ニゾラールの有効成分ケトコナゾールは、真菌に対して効果のある、イミダゾール系抗抗真菌剤です。

ケトコナゾールは、真菌の細胞膜の主要成分であるエルゴステロールの生合成を抑えることができます。
具体的には、エルゴステロールを製造する原料であるラノステロールの酸化的脱メチル反応を抑制することにより、エルゴステロールを作らせなくします。

そうして、細胞膜の原料が不足した真菌は、細胞膜の正常な機能を維持できなくなり、死んでしまいます。

ニゾラールの用法・用量

用法及び用量
白癬、皮膚カンジダ症、癜風に対しては、1日1回患部に塗布する。
脂漏性皮膚炎に対しては、1日2回患部に塗布する。
引用:ニゾラール インタビューフォーム

ニゾラールは、使用する病気に応じて塗布回数が異なります。
医師の指示に従って使用するようにしてください。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

ニゾラールの副作用

ニゾラールの主な副作用として、接触皮膚炎・そう痒感・発赤・刺激感・紅斑などが報告されています。
基本的には、塗布した部位に副作用が生じることが多いです。

使用していて、塗布部位の異常・違和感、症状悪化あれば、医師に相談するようにしてください。

ニゾラールの注意点

ニゾラールローションは、使用前によく振ってから使用するようにしましょう。

ローション、クリームともに、眼科用ではないので、眼のなかに入れないようにしてください。
特にローションは、目薬と勘違いしてしまう方もいらっしゃるので、認知機能が低下している高齢者の方には、家族の方が薬の管理をするとよいでしょう。

まとめ

ニゾラールは、白癬菌・カンジダなどの、真菌を殺す作用をもつ薬です。
脂漏性皮膚炎にも用います。

有効成分はケトコナゾールで、真菌の細胞膜の主要成分であるエルゴステロールの合成を抑制することで、細胞膜の原料を不足させ、機能を維持できなくさせ、真菌を殺す作用を有します。

使用に際しては、医師の指示に従って使用するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る