痛み止めのNSAIDsとは?

スポンサーリンク

今回は、多分一度は飲んだことがある痛み止めであるNSAIDsについて、その作用機序と副作用について書いていきます。

NSAIDsってなに?

 まず、NSAIDsについて簡単に説明すると、NSAIDsとはNon-Steroidal Anti-Inflammatory Drugsの略で、非ステロイド性の抗炎症薬のことです。
 ボルタレン、イブプロフェン、ロキソニンなどがあります。
 かぜや腰痛などの痛みの症状に広く使われています。
 

NSAIDsの作用機序

 NSAIDsの多くは、COX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素を阻害することにより、痛みなどの炎症の症状を抑えます。
 
 なぜ、シクロオキシゲナーゼを阻害すると炎症が静まるのでしょうか。
 シクロオキシゲナーゼは、炎症を誘発するプロスタグランジンを始めとしたエイコサノイドを生成します。
 なので、その働きを抑えることで炎症を抑えることが出来るのです。
 
 ところが、このエイコサノイドは炎症を誘発するだけの悪者ではなく、胃粘膜保護を始めとした体を守る役目を帯びた大事な物質でもあります。
 なので、シクロオキシゲナーゼを阻害するNSAIDsは胃が荒れるといった副作用が生じてしまうのです。
 
 シクロオキシゲナーゼには、COX-1、COX-2、COX-3の3種類があることが知られています。
 COX-1は、刺激がなくても常に体中に存在し、胃粘膜保護・血流の維持・血圧の調整などを行っています。
 一方、COX-2は刺激により増え、炎症関連の物質を産生するとされています。
 COX-3は近年発見されその機能はまだ詳しく解明されていません。
 
 なので、COX-2だけの働きを止めれる薬があれば、胃を荒らされにくくなるのです。
 近年、COX-2のみを選択的に働きを止める薬(セレコックスなど)が開発され、胃痛などの副作用は軽減されています。
 ですが、COX-2のみを選択的に働きを止める薬の新たな副作用として、心血管イベント(心筋梗塞、心不全など)のリスクが上昇することが判明しています。
 難しいところですが、医師の指導のもと適切に使い分けたいですね。
 

NSAIDsの副作用軽減のために

 NSAIDsの副作用としてよくあるのは、胃痛・胃潰瘍です。
 胃痛・胃潰瘍を出来る限り生じさせないためには、NSAIDsを食後すぐに服用することが有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る