【プロペト(白色ワセリン)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

プロペトは、軟膏剤の基材(ベースになる素材)として用いられる他、皮ふの保護剤として用いられる塗り薬です。
成分は、白色ワセリンとなります。

今回は、プロペトについて、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

プロペトってどんな薬?
プロペトってどうやって効くの?
プロペトの用法・用量
プロペトの副作用
プロペトの注意点
まとめ

プロペトってどんな薬?

プロペトは油性の軟膏基材として用いられる薬です。
日本では、1955年9月から販売が開始されました。

効能・効果
眼科用軟膏基剤、一般軟膏基剤として調剤に用いる。また、皮膚保護剤として用いる。
引用:プロペト 添付文書

プロペトは、それ単体では皮ふの保護剤として用いられます。
油分が少なく乾燥気味の肌に対して使用することで、水分の蒸発を防ぐので、保湿効果が期待できます。
かさかさの乾燥肌に用いられるイメージです。

また、他の軟膏やクリームなどと混合しても用いられます。
ステロイド外用薬の濃度を薄めたいとき、保湿効果も加えたいときなど様々です。

プロペトってどうやって効くの?

プロペトは、白色ワセリンを精製した基材です。
白色ワセリンは、油性の軟膏であり、肌に使用することで、肌からの水分の蒸発を防ぐ作用をもちます。

プロペトの用法・用量

定められた用法用量はありません。
医師がその症状から判断して、使用回数を設定します。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

プロペトの副作用

副作用として、接触皮膚炎があります。
プロペトが体に合わなかったときなどになります。

使用していて、違和感や症状悪化あれば、使用を中止して医師に相談するようにしましょう。

プロペトの注意点

プロペトは眼科用の軟膏基材としても用いられますが、眼科用として用いる場合は、必ず滅菌処理を施さなくてはなりません。
そのため、眼科用ではないものについては、眼には用いることができませんので、注意してください。

まとめ

プロペトは、白色ワセリンを精製した医薬品です。
他の軟膏やクリームなどとまぜて使用したり、それ単体で保湿効果を期待して皮ふに使用します。

使用に際しては、医師の指示通りに使うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る