レミケード(一般名:インフリキシマブ)のバイオシミラー承認へ

スポンサーリンク

厚労省の薬食審医薬品第二部会は5月26日、生物学的製剤で関節リウマチなどに用いるインフリキシマブBS点滴静注用100mgについて、医薬品医療機器総合機構(PMDA)がバイオシミラー(バイオ後続品)として承認して差し支えないと判断したとの報告を受けた。通常どおりの手続きなら、6月中に正式承認となる。
引用:薬食審・第二部会 関節リウマチ薬レミケードのバイオシミラー承認へ

バイオシミラーとは

バイオシミラーとは、構造が複雑で分子量も大きい医薬品について、後発で出てくる医薬品のことを指します。

詳しくは「http://kenko-tips.com/articles/biosimilar_generic/」を御覧ください。

レミケードとは

レミケードとは、関節リウマチなどに用いるTNFαの効果を抑える抗体医薬品です。

TNFαは腫瘍壊死因子の一つで、マクロファージと呼ばれる免疫を担う細胞から主に放出される物質です。名前のとおり、がん(腫瘍)に対して壊死を引き起こさせることが物資なのですが、炎症にも大きく関わる物質だということが後に判明しました。

関節リウマチ、クローン病、乾癬性関節炎、ベーチェット病などの病気に関与しているとされています。

レミケードは、これらの病気の治療薬として広く用いられている薬です。

レミケードのバイオシミラー

レミケードのバイオシミラーとして承認される予定なのは、

  • インフリキシマブBS点滴静注用100mg「NK」(日本化薬)
  • インフリキシマブBS点滴静注用100mg「CTH」(セルトリオン)

の2つです。

生物学的製剤であっても、安価な後発医薬品が登場してきはじめていますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る