【レキサルティ(ブレクスピプラゾール)】って?効果効能・副作用を紹介!

はじめに

レキサルティは、統合失調症の治療に用いられる薬です。
有効成分は、ブレクスピプラゾールです。

今回は、レキサルティの効果効能、副作用や注意点について紹介していきます。

目次

レキサルティってどんな薬?
レキサルティって何の病気に使えるの?
レキサルティってどうやって効くの?
レキサルティの一般的な使う量と回数
レキサルティの副作用
レキサルティで気を付けることは?
レキサルティのジェネリック(GE)ってあるの?
レキサルティの市販薬(OTC)ってあるの?
まとめ
関連する薬

レキサルティってどんな薬?

レキサルティは、有効成分ブレクスピプラゾールの統合失調症の治療薬です。
日本では、2018年4月に販売が開始されました。

〔効能・効果〕
統合失調症
引用:レキサルティ 添付文書

レキサルティって何の病気に使えるの?

統合失調症の治療に用いられます。

統合失調症とは、幻覚や妄想といった症状を主とする精神的な疾患です。
そういった症状がでることで、普段どおりの生活や人とのコミュニケーションが維持できなくなってしまいます。
また、自分の病気のことを振り返ったりすることがしずらくなるので、病気を理解することも難しいとされています。
近年、薬の開発が進み、長期的に安定した状態を維持することができるようになっています。

統合失調症の原因は、今のところ解明されていませんが、環境の大きな変化が発症のきっかけとなることが多いとされています。
素質がある人が、進学や就職、引っ越し、結婚といった変化によって発症することが多いからです。
ただ、その素質がある人というところは解明されるには至っていません。

現在までの研究で、統合失調症の方は、ドパミンとセロトニンの分泌バランスが崩れることにより、発症するのではないかという説が有力視されています。
ドパミンが司る神経系の機能が低下すると陰性症状が、反対に機能が活性化すると陽性症状が起こると考えられています。
セロトニンの神経系は、ドパミンが司る神経系の機能を抑制する働きがあるとされ、セロトニンの神経系を抑えると、陰性症状が改善するとされています。

レキサルティってどうやって効くの?

レキサルティの有効成分ブレクスピプラゾールは、セロトニン(5-HT1A)受容体を一部刺激する作用、及びセロトニン(5-HT2A)受容体を抑制する作用、及びドパミン(D2)受容体の一部を刺激する作用をあわせもちます。

様々な受容体に対して、刺激したり抑制したりすることで、統合失調症の原因である、ドパミン神経とセロトニン神経のバランスを整えることで、効果を発揮します。

レキサルティの一般的な使う量と回数

〔用法・用量〕
通常、成人にはブレクスピプラゾールとして1日1回1mgから投与を開始した後、4日以上の間隔をあけて増量し、1日1回2mgを経口投与する。
《用法・用量に関連する使用上の注意》
A 本剤の1日量4mgを超える用量での安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
B 本剤とCYP2D6阻害剤(キニジン、パロキセチン等)及び/又は強いCYP3A4阻害剤(イトラコナゾール、クラリスロマイシン等)を併用する場合及びCYP2D6の活性が欠損していることが判明している患者(PoorMetabolizer)では、本剤の血漿中濃度が上昇するおそれがあるため、以下の表を参考に用法・用量の調節を行うこと。

C 高度腎機能障害(クレアチニンクリアランスが30mL/min未満)、又は中等度から重度の肝機能障害(ChildPugh分類B又はC)のある患者では、本剤の血漿中濃度が上昇するおそれがあることから、減量又は投与間隔の延長等を考慮し、投与に際しては患者の状態を慎重に観察すること。
引用:レキサルティ 添付文書

通常1日1回1mgから使用を開始し、4日程度少なくても様子をみて、その後1日1回2mgとします。
医師の判断によって、症状や年齢に応じて、2mgよりも多くすることがあります。

また、他に服用している薬(併用薬)や、代謝酵素(薬などを分解する酵素のこと)の遺伝子型によっては、量の調節を行う必要があります。
腎機能が低下、および肝機能が低下している方においても、量の調節を行う必要があります。

医師が指示する量通りに服用するようにしてください。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

レキサルティの副作用

レキサルティの副作用として主に報告されているのは、アカシジア・高プロラクチン血症・頭痛・不眠です。

アカシジアは、日本語では静座不能症と言われており、座ったままじっとしていることができなくなる副作用です。
落ち着かない・歩き回る・足がむずむずするなどの症状です。
こういった症状がある場合は、すぐに医師に相談するようにしてください。

自己判断で中止せず、気になることあれば、医師に相談しましょう。

レキサルティで気を付けることは?

医師の指示量を服用すること

量をたくさん服用すれば、早く治るなどということはありません。
そればかりか、健康被害の原因になるので、医師の指示した量を必ず服用するようにしましょう。

一緒に服用してはいけない薬があること

レキサルティは、アドレナリン投与中(アナフィラキシーショックによる救命治療時は除く)の方には使用してはいけません。
また、投与量を調節しなくてはいけない併用薬もあるので、おくすり手帳を活用するなどして、現在服用中の薬はひとまとめに管理しておくことをおすすめします。

レキサルティのジェネリック(GE)ってあるの?

レキサルティのジェネリックはまだ販売されていません。

レキサルティの市販薬(OTC)ってあるの?

レキサルティはOTCが販売されていません。
医師の診断・処方が必要な薬です。

まとめ

レキサルティは、統合失調症の治療薬です。
有効成分は、ブレクスピプラゾールで、セロトニンやドパミンの複数の受容体に対して、刺激や抑制作用をもたらすことで、セロトニン神経・ドパミン神経の調子を整え、統合失調症を改善します。

服用に際しては、医師の指示通りに服用するようにしてください。

関連する薬

シクレスト舌下錠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る