【リンデロンV軟膏・クリーム・ローション】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

リンデロンVは、ステロイドの塗り薬です。
リンデロンV軟膏、リンデロンVクリーム、リンデロンVローションの3つのタイプがあります。

ジェネリックもすでに、下記のような名前で、発売されてます。

  • ベタメタゾン吉草酸エステル0.12%軟膏
  • ケリグロール軟膏0.12%
  • デルモゾール軟膏0.12%
  • ベクトミラン軟膏0.12%

今回は、リンデロンVについて、その効果効能と副作用・注意点について、説明していきます。

目次

リンデロンVってどんな薬?
リンデロンVってどうやって効くの?
リンデロンVの用法・用量
リンデロンVの副作用・注意点
まとめ

リンデロンVってどんな薬?

リンデロンVはステロイドを含んだ塗り薬です。
有効成分名は、ベタメタゾン吉草酸エステルです。

効能又は効果
[リンデロン-V 軟膏 0.12%・リンデロン-V クリーム 0.12%]
湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,女子顔面黒皮症,ビダール苔癬,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む),皮膚そう痒症,痒疹群(蕁麻疹様苔癬,ストロフルス,固定蕁麻疹を含む),虫さされ,乾癬,掌蹠膿疱症,扁平苔癬,光沢苔癬,毛孔性紅色粃糠疹,ジベルバラ色粃糠疹,紅斑症(多形滲出性紅斑,結節性紅斑,ダリエ遠心性環状紅斑),紅皮症(悪性リンパ腫による紅皮症を含む),慢性円板状エリテマトーデス,薬疹・中毒疹,円形脱毛症(悪性を含む),熱傷(瘢痕,ケロイドを含む),凍瘡,天疱瘡群,ジューリング疱疹状皮膚炎(類天疱瘡を含む),痔核,鼓室形成手術・内耳開窓術・中耳根治手術の術創

[リンデロン-V ローション]
湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,女子顔面黒皮症,ビダール苔癬,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む),乾癬,皮膚そう痒症,鼓室形成手術・内耳開窓術・中耳根治手術の術創,進行性壊疽性鼻炎
引用:リンデロンV 添付文書

さすが、ステロイド! 幅広い病気・症状に使用されます。
リンデロンVはステロイドのなかでは、strong群に分類されます。
strong群は、ステロイドの強さの5段階評価のうち、上から3つ目の強さです。

ステロイド外用剤を使う上で注意点が3つ。これさえ守ってれば安全につかうことができます。

①医師の指示された部位につかうこと。
ステロイドは、塗る部位によって、体内への吸収率が異なります。
前腕内側を1.0とした場合、下記のような吸収率になります。

  • 足のうら→0.14
  • 足首→0.42
  • 手のひら→0.83
  • 前腕外側→1.1
  • 背中→1.7
  • 頭皮→3.5
  • わきのした→3.6
  • くび→6.0
  • ほほ→13.0
  • 陰嚢→42.0

皮膚の薄さ、血流の多さなどの要因で吸収率が異なります。

このように吸収量が違うので、手のひらなら強めの薬使っても大丈夫だけど、顔には強めの薬を使うと副作用の心配がでてくるといった感じです。
(念のため補足ですが、顔であってもstrong群の薬使うことがあります。短期でがっつり治して症状を改善する狙いなどがあるためです。一概にまったくもってNG!とはいえないので、医師の指示に従うようにしてください)

②用法用量を守る。
付けすぎは禁物です。
早く治したい気持ちはわかりますが、量も回数も指示されたとおりお願いします。

また、1週間までの使用に留めるといった期間限定の指示もあります。
その期間を超えて症状改善されなければ、再度医師の診察を受けるようにしましょう。

③大人に処方された薬を子供に使わない。
大人と子供、皮膚の厚さが異なります。
子供のほうが当然薄いので、吸収が良いです。

大人で手のひら用だからといって、同じ症状の子供に使用はしないようにしてください。
基本的な考えとしては、子供には、大人のワンランク下の強さのステロイド薬を使います。

リンデロンVってどうやって効くの?

ステロイドは、ホルモン作用を有しており、塗った部位の細胞にとりこまれ、リポコルチンというタンパク質の生成を促します。
リポコルチンは、炎症に関与する成分であるプロスタグランジン・トロンボキサン・ロイコトリエンといった生体内物質の原料である、ホスホリパーゼA2を、ブロックさせることにより炎症を鎮める作用があるとされています。

リンデロンVの用法・用量

用法及び用量
通常,1 日 1 ~数回,適量を患部に塗布する。
なお,症状により適宜増減する。
引用:リンデロンV 添付文書

1日数回使用するタイプの薬です。
副作用を減らすためにも、医師の指示どおり使用するようにしましょう。

リンデロンVの副作用・注意点

リンデロンVの副作用として主に報告されているのは、毛嚢炎・せつ、皮膚刺激感です。

その他にステロイド特有の副作用が生じることがあります。
まず、細菌感染症が起こりやすくなります。

ステロイドは炎症成分の生成を阻害する薬です。
これら、炎症成分はなにも悪さばかりをするわけではなく、ウイルスや細菌感染がおきたときに、臨戦態勢を整えるように命令する物質でもあります。
なので、そのシステムが弱められているので、細菌・ウイルスの感染に弱くなってしまいます。

他にも、ステロイドざそう(にきび)・皮膚が薄くなる・皮膚の赤みが増す、といった症状が起こる可能性があります。

気になる症状があれば、医師に相談するようにしましょう。

まとめ

リンデロンVは、ステロイドを含有する塗り薬です。
ステロイドの薬の強さでは、5つ中、上から3つめのstrong群に属します。

炎症を鎮める効果があり、様々な用途で用いられてます。
医師の指示どおりの部位、量、期間で使用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る