【サンコバ点眼液(シアノコバラミン)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

サンコバ点眼液は、シアノコバラミンを有効成分とする、調節機能改善点眼剤です。
シアノコバラミンは、ビタミンB12のことです。

今回は、サンコバ点眼液について、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

サンコバ点眼液ってどんな薬?
サンコバ点眼液って何の病気に使えるの?
サンコバ点眼液ってどうやって効くの?
サンコバ点眼液の一般的な使う量と回数
サンコバ点眼液の副作用
サンコバ点眼液で気を付けることは?
サンコバ点眼液のジェネリック(GE)ってあるの?
サンコバ点眼液の市販薬(OTC)ってあるの?
まとめ
関連する情報

サンコバ点眼液ってどんな薬?

サンコバ点眼液は、目のピント調節機能を改善する薬です。
有効成分は、シアノコバラミン。
1967年6月に販売が開始されました。

効能又は効果
調節性眼精疲労における微動調節の改善
引用:サンコバ点眼液 添付文書

サンコバ点眼液って何の病気に使えるの?

調節性眼精疲労とは、簡単にいえば、目のピントが合いづらい状態をいいます。
毛様体筋を酷使することで生じると考えられています。

近いものをみるときに、毛様体筋はよく使われるので、パソコン作業やスマートフォンの見すぎなどにより生じると考えられています。

サンコバ点眼液ってどうやって効くの?

サンコバ点眼液の有効成分であるシアノコバラミンは、水晶体の厚みを変える筋肉である毛様体筋に作用し、酸素消費量を上昇させ、よりエネルギーを生み出すことにより、筋肉の動きをよくする効果があります。

サンコバ点眼液の一般的な使う量と回数

用法及び用量
通常、1回1~2滴を1日3~5回点眼する。
なお、症状により適宜増減する。
引用:サンコバ点眼液 添付文書

症状により回数は医師が決定しますので、それに従うようにしてください。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

サンコバ点眼液の副作用

報告されている副作用として、過敏症状(目のかゆみ、涙がでるなど)があります。
こういった症状がでるようであれば、使用を中止して医師に相談するようにしてください。

サンコバ点眼液で気を付けることは?

目薬容器の汚染に注意

目薬の先に、まつげ、まぶたなどが接触すると菌が入り込んでしまう可能性があります。
そうすると、目薬が汚染されてしまうので、点すさいには、接触しないように注意してください。

サンコバ点眼液のジェネリック(GE)ってあるの?

サンコバ点眼液のジェネリックは、下記の名前ですでに販売されています。
シアノコバラミン点眼液0.02%「杏林」
ソフティア点眼液0.02%
コバラム点眼液0.02%
ビタコバール点眼液0.02%

ジェネリックを希望する場合は、薬局にて処方箋提出時にその旨伝えてください。
医師から先発医薬品でだすことといった指示がなければ、ジェネリックでお渡しすることができます。

サンコバ点眼液の市販薬(OTC)ってあるの?

サンコバ点眼液の有効成分シアノコバラミンが配合されたOTCはいくつか販売開始されています。

最近眼のピントが合いづらいなー、かすんでるなー、疲れているなーといった症状があれば、使ってみてもよいと思います。
ただ、継続するようであれば、一度眼科を受診することをおすすめします。

サンテPC

ソフトサンティア ひとみストレッチ

まとめ

サンコバ点眼液は、調節性眼精疲労(目のピントが合いづらい)の症状に使われる点眼薬です。
有効成分はシアノコバラミンです。

使用に際しては、医師の指示に従ってください。

関連する情報

ジクアス点眼液
目薬・眼軟膏を使う順番とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る