SGLT2阻害薬が続々と承認!ルセフィ、デベルザが新たに承認。

スポンサーリンク

SGLT2阻害薬が続々と承認されています。
2014年2月24日の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会でSGLT2阻害薬のルセフィとデベルザの承認が了承されました。
ルセフィの成分名がルセオグリフロジン水和物で、デベルザの成分名がトホグリフロジン水和物です。

SGLT2阻害薬って?

SGLT2阻害薬とは、2型の糖尿病患者さんに対して用いる薬で、過剰な血中のグルコースを体外に排泄する薬です。
詳しくは、以前書いた記事があるので、こちらを参考にしてください。
国内初のSGLT2阻害による糖尿病薬「スーグラ」について

各医薬品の違いは?

SGLT2阻害薬いくつかありますが、違いは成分が異なる点です。とは言っても期待される効果はほとんど同じです。今後広く使用されていくにつれて、どの薬が良いか優劣がつく可能性もあります。
現状でどの薬を用いるかは、医師の判断によります。販売している製薬会社の営業力が反映されるのかもしれませんね。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る