【スミルスチック(フェルビナク)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

塗るタイプの痛み止め薬として、スミルスチックというのがあります。
結構多くの方に処方されているので、使ったことある人も多いのではないのでしょうか。
どういった薬か紹介していきたいと思います。

目次

スミルスチックってどんな薬?
スミルスチックの効果・効能
スミルスチックの特徴
スミルスチックの副作用・注意点
スミルスチックの薬価
容器の材質
まとめ

スミルスチックってどんな薬?

スミルスチックは、経皮吸収型鎮痛・消炎剤です。
簡単に言えば、皮膚に塗って痛みや炎症を抑える薬です。
1995年7月から販売されており、主に整形外科領域で用いられている薬です。

有効成分はフェルビナクです。
非ステロイド性の消炎鎮痛剤に分類されます。

名前の由来は、こちら。

Smooth(滑らかに)とMilitate(作用する)を合成しSUMILUと命名された。
引用:スミルスチック3% インタビューフォーム

※ 私は今の今までスミルス チック だと思ってました笑

スミルスチックの効果・効能

スミルスチックは、下記の効果効能があります。

[効能・効果]
下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
変形性関節症、筋・筋膜性腰痛症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛
引用:スミルスチック3% 添付文書

痛み止め!!って感じですね。

塗り薬の痛み止めのメリットとしては、痛み止め成分には消化管を障害する副作用があるのですが、塗ることによってその影響を最低限に抑えることができる点があります。
痛み止めの薬が消化管を障害する理由はこちらを御覧ください。→鎮痛薬のロキソニンを飲むと、お腹・胃が痛くなることがあるのはなぜ?

スミルスチックの特徴

経皮吸収型なので胃への負担が少ないことと、スティックタイプなので、患部以外の部位に薬剤の暴露がないことが上げられます。

スミルスチックの副作用・注意点

使ったらちゃんとキャップをするようにしてください。
キャップをしめないと、薬剤が揮発してしまいもろくなり、使用できなくなってしまいます。

また、どこにでも使えるわけではなくて、眼及び粘膜には使用しないようにしてください。
他にも、皮膚が傷ついていたりすると、そこに薬がしみてひりひりすることがあります。避けて使うとよいでしょう。

副作用として報告されているのは、そう痒、皮膚炎、発赤、接触皮膚炎、刺激感、水疱などの皮膚症状が主です。
こういった症状があれば、使用を中止して医師に相談するようにしてください。

スミルスチックの薬価

薬価は7.3円/gです。
40g/本なので、292円ですね。
お安い薬の部類かと思われます。

容器の材質

容器は、本体とキャップがポリプロピレンで、中皿がポリエチレンで作られています。
容器をくるんでいるアルミ袋は、ポリエステル、ポリエチレン、アルミで作られています。
廃棄する際には、各自治体の仕分けに基づいて廃棄するようにしてください。

まとめ

スミルスチックは、経皮吸収型の痛み止めです。
胃腸系への負担が少ないのと、患部以外に薬剤の暴露が少ないことが上げられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る