【タフィンラーカプセル(ダブラフェニブ)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

タフィンラーカプセルは、悪性黒色腫に用いられる薬です。
メキニスト(有効成分名:トラメチニブ)と一緒に用いられることが多い薬です。

今回は、タフィンラーカプセルの効果効能、副作用や注意点について紹介していきます。

目次

タフィンラーカプセルってどんな薬?
タフィンラーカプセルってどうやって効くの?
タフィンラーカプセルの用法・用量
タフィンラーカプセルの副作用
タフィンラーカプセルの注意点
まとめ

タフィンラーカプセルってどんな薬?

タフィンラーカプセルは、悪性黒色腫に用いれる薬です。
厳密に言えば、悪性黒色腫のなかでも、BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫に用いられます。

有効成分はダブラフェニブで、日本では2016年6月に販売が開始されました。

【効能又は効果】
BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫

〈効能又は効果に関連する使用上の注意〉
1.十分な経験を有する病理医又は検査施設における検査により、BRAF遺伝子変異が確認された患者に投与すること。
検査にあたっては、承認された体外診断薬を用いること。
2.【臨床成績】の項の内容を熟知し、本剤の有効性及び安全性を十分に理解した上で適応患者の選択を行うこと。
3.本剤の術後補助化学療法における有効性及び安全性は確立していない。
引用:タフィンラーカプセル 添付文書

悪性黒色腫とは?

悪性黒色腫は、メラノーマとも呼ばれる皮膚のがんの一つです。
メラニン色素を産生する皮膚の細胞(メラニン色素は皮膚の色や、ほくろの元となる色素)が、がん化してしまうことで発生すると考えられています。

メラノサイトと呼ばれるこの細胞は、皮膚表面からも見ることができるのですが、普通のほくろと悪性黒色腫を見分けるのは難しいため、発見が遅れがちとなります。
大きさが拡大する、色や形が変わる、左右非対称ではない、大きいといった普通のほくろとはちょっと違うなと感じる黒い物体が皮膚にあれば、早めに専門医に相談することをおすすめします。

BRAF遺伝子変異とは?

BRAFとは、細胞内の信号伝達を行う酵素で、細胞の増殖を制御しています。
このBRAFが変異してしまうことにより、細胞の増殖コントロールがうまくいかなくなり、がん細胞のように増殖し続ける細胞になってしまうと考えられています。

日本におけるBRAF遺伝子の変異は、メラノーマ患者の20~30%というデータがあります。
遺伝子検査によって、がん細胞にこの変異が認められた場合に、タフィンラーは用いられます。

タフィンラーカプセルってどうやって効くの?

タフィンラーカプセルの有効成分であるダブラフェニブは、BRAF酵素に結合し、働かせなくすることで効果を発揮します。

タフィンラーカプセルの用法・用量

【用法及び用量】
通常、成人にはダブラフェニブとして1回150mgを1日2回、空腹時に経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

〈用法及び用量に関連する使用上の注意〉
1.トラメチニブ以外の抗悪性腫瘍剤との併用における有効性及び安全性は確立していない。
2.食後に本剤を投与した場合、Cmax及びAUCが低下するとの報告がある。食事の影響を避けるため、食事の1時間前から食後2時間までの間の服用は避けること。
3.本剤投与により副作用が発現した場合には、下記の基準を参考に、本剤を休薬、減量又は中止すること。ただし、有棘細胞癌(皮膚の扁平上皮癌)又は新たな原発性悪性黒色腫が発現した場合には、外科的切除等の適切な処置を行っ
た上で、休薬、減量することなく治療を継続することができる。
引用:タフィンラーカプセル 添付文書

ラフィンラーカプセルは、通常1日2回空腹時に服用する薬です。
また、通常、トラメチニブ(商品名:メキニスト)と併用して用いられます。

空腹時に服用する理由は、食事の影響により吸収量が下がってしまうためです。
そのため、食事の1時間前から食後2時間までの間は服用を避けるようにします。
医師から服用時点の指示があるので、そのとおりに服用するようにしましょう。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

タフィンラーカプセルの副作用

副作用として、報告されているのは、発熱・検査値異常・末梢性の浮腫などです。
副作用の頻度が高い薬なので、使用していて体調悪化や違和感あれば、すぐに医師に相談しましょう。

タフィンラーカプセルの注意点

副作用がでやすい薬なので、自分の体調把握と管理を徹底するようにし、違和感あれば医師に積極的に相談するようにしましょう。
また、きちんと決められた時間に飲み忘れなく服用することが大事な薬です。

一緒に服用するのに注意が必要な薬があります。
お薬手帳を活用するなどして、服用している薬を管理するように努め、医師・薬剤師にみせるようにしましょう。

まとめ

タフィンラーカプセルは、BRAF遺伝子変異を有する根治切除不能な悪性黒色腫の治療に用いる薬です。
細胞増殖に関係する、BRAF遺伝子産物である、BRAF酵素の働きを抑えることで、増殖を食い止めることで、抗腫瘍活性を発揮します。

服用に際しては医師の指示どおり服用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る