【ザジテン点眼液(ケトチフェン)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

ザジテン点眼液は有効成分ケトチフェンの点眼液です。
アレルギーの原因となるヒスタミンの受容体をブロックすることで、抗アレルギー作用をもたらします。

今回は、ザジテン点眼液の効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

ザジテン点眼液ってどんな薬?
ザジテン点眼液って何の病気に使えるの?
ザジテン点眼液ってどうやって効くの?
ザジテン点眼液の一般的な使う量と回数
ザジテン点眼液の副作用
ザジテン点眼液で気を付けることは?
ザジテン点眼液のジェネリック(GE)ってあるの?
ザジテン点眼液の市販薬(OTC)ってあるの?
まとめ
関連する情報

ザジテン点眼液ってどんな薬?

ザジテン点眼液は、有効成分ケトチフェンの抗アレルギー作用をもつ点眼液です。
ヒスタミンの受容体をブロックすることで効果を発揮します。
花粉症などのアレルギー性結膜炎に、用いられます。

1991年7月に、日本では販売が開始されました。

効能又は効果
アレルギー性結膜炎
引用:ザジテン点眼液 添付文書

ザジテン点眼液って何の病気に使えるの?

アレルギー性結膜炎とは、目のかゆみ・涙などが生じる病気です。
花粉などのアレルゲンにIgEが反応して、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエン、プロスタグランジン、PAF(血小板活性化因子)などのケミカルメディエーターが放出され、これらが血管拡張させるなどして、目の充血・目のそう痒感などが生じます。

ザジテン点眼液ってどうやって効くの?

ケトチフェンはヒスタミンのヒスタミンH1受容体への結合をブロックすることで、目の充血やそう痒感といった症状を緩和します。
抗ヒスタミン作用と呼ばれる作用です。
また、ヒスタミンやケミカルメディエーターのそもそもの遊離を抑制します。

ザジテン点眼液の一般的な使う量と回数

用法及び用量
通常1回1~2滴を1日4回(朝、昼、夕方及び就寝前)点眼する。
引用:ザジテン点眼液 添付文書

通常、1回1~2滴を1日4回点眼します。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

ザジテン点眼液の副作用

ザジテン点眼液の主な副作用として、しみる・刺激感・まぶたの炎症・眠気などがあります。

使用していて、違和感や症状悪化がみられるようであれば、医師に相談するようにしてください。

ザジテン点眼液で気を付けることは?

継続的な使用を心がけてください。

アレルゲンにさらされてから使用すると、効果が弱くなる可能性があります。
1日4回をしっかりまもって使用するようにしてください。

ザジテン点眼液のジェネリック(GE)ってあるの?

ザジテン点眼液のジェネリックはすでに販売されています。
ケトチフェン点眼液「メーカー名」の名前で販売されています。

希望する場合は、薬局にて処方箋提出時に申し出てください。
医師から先発医薬品でなければいけないという指示がなければ、ジェネリックで調剤することができます。

ザジテン点眼液の市販薬(OTC)ってあるの?

ケトチフェンを有効成分とする点眼液は、すでに販売されています。

まとめ

ザジテン点眼液は、有効成分ケトチフェンの点眼液です。
抗ヒスタミン効果、ケミカルメディエーターの遊離抑制効果があり、アレルギー性結膜炎の治療に用いられます。

使用に際しては、医師の指示にしたがってください。

関連する情報

アレジオン点眼液
パタノール点眼液

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る