【ゼスタッククリーム】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

ゼスタッククリームは、痛み止めのクリーム剤です。
痛みのある箇所に、普通に塗って使用したり、ガーゼなどにのばして貼付して用います。

今回は、ゼスタッククリームの効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

ゼスタッククリームってどんな薬?
ゼスタッククリームってどうやって効くの?
ゼスタッククリームの用法・用量
ゼスタッククリームの副作用
ゼスタッククリームの注意点
まとめ

ゼスタッククリームってどんな薬?

ゼスタッククリームは、痛み止めのクリーム剤です。
有効成分は、ヘパリン類似物質・副腎エキス・サリチル酸の3つです。

効能又は効果
変形性関節症(深部関節を除く)、関節リウマチによる小関節の腫脹・疼痛の緩解、筋・筋膜性腰痛、肩関節周囲炎、腱・腱鞘・腱周囲炎、外傷後の疼痛・腫脹・血腫
引用:ゼスタッククリーム 添付文書

ゼスタッククリームは、痛みに対して効果がある薬です。
関節痛、関節リウマチによる各種疼痛、筋肉痛など様々な痛みに用いられます。

ゼスタッククリームってどうやって効くの?

ゼスタッククリームの有効成分は、ヘパリン類似物質・副腎エキス・サリチル酸の3つになるので、それぞれの効果を説明します。

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質は、血液凝固抑制作用・末梢血液循環促進作用を有します。
簡単に言えば、血液の通りをよくして、疲労回復などの効果を発揮します。

副腎エキス

副腎エキスには、ステロイドホルモンを含むので、抗炎症作用が期待できます。
ステロイドは、核内に移行し、炎症に関与する物質の原料を作り出す【ホスホリパーゼA2】の働きを抑える【リポコルチン】というタンパク質の合成を促進させることで、痛み・炎症・浮腫を抑えることができます。

サリチル酸

サリチル酸は、角質軟化作用をもちます。

ゼスタッククリームの用法・用量

用法及び用量
通常、1日1~数回適量を塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する。
症状により密封法を行う。
引用:ゼスタッククリーム 添付文書

ゼスタッククリームは1日1~数回患部に使用する薬です。
医師からの指示によっては、密封法を用いて、薬の浸透を促進させます。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

ゼスタッククリームの副作用

副作用として、使用した部位の過敏症状、赤み、そう痒感、皮膚の炎症が生じる可能性があります。

使用していて、違和感を感じたら使用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

自己判断で中止せず、気になることあれば、医師に相談しましょう。

ゼスタッククリームの注意点

潰瘍、びらん面には刺激が強く、痛みや炎症を引き起こす可能性があるので、直接塗布するのは避けてください。
また、目には使用しないように注意してください。

まとめ

ゼスタッククリームは3つの有効成分を含む、痛みや炎症を緩和する外用薬です。
1日数回患部に塗布して使用します。医師の指示にしたがうようにしてください。

副作用としては、塗布部位の過敏症状がみられることがあります。
違和感、症状悪化あれば、使用中止して医師に相談するようにしましょう。

使用に際しては、医師の指示に従って、使用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る