ストレスチェック制度とは?

スポンサーリンク

ストレスチェックとは?

2015年12月よりストレスチェック制度が義務づけられました。
ストレスチェックとは、ストレスに関する質問票に回答することで、ストレスがどの程度あるのかを簡単に検査できるものです。
労働安全衛生法が改正されて、毎年1回は必ずこの検査をすべての労働者に実施しなくてはなりません。

選択回答式のチェックシートに丸を付けていくイメージです。

設問例

仕事について
1 非常にたくさんの仕事を行わなくてはいけない。 Aそうである Bまあそうである Cややちがう Dまったくちがう
2 就業時間内に仕事が終わらない。 Aそうである Bまあそうである Cややちがう Dまったくちがう

ストレスチェックの結果次第でどうなるの?

ストレスチェックの結果によっては、医師の面談を実施する必要があります。
そのうえで、事業者は医師から意見を聴取し、就業上の改善措置を実施しなくてはなりません。

うつ病といった、メンタルヘルスの不調を未然に防止することが、このストレスチェック制度の目的となります。

所感

ストレスチェックで、医師の面談が必要になった人がわからないような工夫はされているようですが、どこかで人事権持った人に筒抜けになりそうな予感がしますね。

ブラックな企業では、ストレスチェックで医師の面談が必要になった人に不利益なことがおこりそうな気がします^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る