ハチに刺されたり、アレルギーを起こす食品を食べたときに生じるアナフィラキシーショックについて

スポンサーリンク

アナフィラキシーショックとは

アナフィラキシーショックは、アレルギー反応の一つで、外部抗原(たとえば、ハチ毒・食品・薬物など)に対する過剰な免疫応答により、肥満細胞からヒスタミンをはじめとする物質が放出され、血圧の急激な低下をもたらすことによるショックのことです。全身性の蕁麻疹や浮腫、ショック、下痢などがおこり、早急に処置をしなければいけない危険な状態です。一番まずいのが、咽頭浮腫により呼吸の通路が閉塞されてしまうことで、呼吸が出来なくなってしまうことです。
原則としてアナフィラキシーショックの症状が出た場合は、救急車を呼ぶ必要があります。また、一時的に症状が良くなったとしても、その後急激に悪化するケースもあるので、注意が必要です。

アナフィラキシーショックの治療法

治療法としては、エピネフリン(アドレナリン)の筋肉注射が有効とされています。この注射薬は自分で使用しても良い注射薬です。(参考:アドレナリン自己注射薬 エピペン®
他にも、抗ヒスタミン薬やステロイド等を用いて治療を行います。

まとめ

アナフィラキシーショックは、外部抗原に対する過剰な免疫反応が原因で生じるショック症状で、最悪の場合死に至る可能性があります。治療法として、エピネフリンの筋肉注射が速効性もあり有効とされ、この薬剤は自己注射が可能な製剤が販売されています。アナフィラキシーショックを起こす可能性が高い人に処方されています。
食品・薬物アレルギーを持っている人は、その食品や薬物を摂取しないように気を付けるようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る