Googleが血糖値を測定できるコンタクトレンズを開発中!

スポンサーリンク

グーグル開発している血糖値を測定できるコンタクトレンズについて調べてまとめました。

スマートコンタクトレンズ

スマートコンタクトレンズは、装着するだけで組み込まれたセンサーによって、涙の中のグルコース量を計ることが出来るとされています。
グーグルが現在開発している血糖値を測定することが出来るコンタクトレンズの写真
画像引用:Introducing our smart contact lens project

現在、開発はまだ実験段階のようです。
血糖値を1秒ごとに計測して、一定以上の値になると警告を送ってくれるシステムになるとのことです。

血糖値を測定する必要性

血糖値は食事の影響を受けるなどで、一日の中でも変動があります。血糖測定は自身の血糖の変動を把握したり、インスリン治療を受けている糖尿病患者さんでは治療が上手く行っているかどうかを把握したりするためにも必要なことで、定期的に行う必要があります。糖尿病の人が現在行っている血糖測定方法は、一般的に指先を傷つけ出血させて、その血に含まれているグルコース値を調べる方法です。毎回指先を傷つけなくてはいけないので、痛みのせいで血糖測定を嫌がる人も多いです。

スマートコンタクトレンズは、装着するだけで血糖値を測定することが出来るので、痛みも伴うこともなく手軽に血糖値を把握することが出来る非常に優れた機器であると言えます。
早く発売して欲しいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る