OTCにスイッチ化された「アレグラFX」ってどんな薬?

スポンサーリンク

最近アレグラFXという薬がOTC化されました。この薬についてまとめていきます。

アレグラFXとは?

アレグラFXは、医療用として用いられていたフェキソフェナジン塩酸塩(商品名:アレグラ)が配合されたスイッチOTCです。フェキソフェナジン塩酸塩は抗ヒスタミン薬に分類され、アレルギー症状を緩和する効果があります。ヒスタミンはアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみなどの原因となる物質なので、その働きをブロックすることで、アレルギー症状を緩和することができます。

抗ヒスタミン薬は、一般的に眠気を催すことが多く、服用後の自動車の運転など注意しなくてはいけないのですが、フェキソフェナジン塩酸塩は眠気を催す作用が弱いことで知られています。(とはいえ、人によっては眠くなるので、自動車の運転などは注意しなくてはいけないのですが。。。)

アレグラFX購入するには

アレグラFXは第一類医薬品に属するOTC医薬品ですので、薬剤師のいる薬局やドラッグストアでのみ購入することが出来ます。薬剤師がいない時間帯のドラッグストアでは購入することができませんので気を付けましょう。価格は28錠(2週間分)入りで約2000円です。

アレグラFXの用法・用量

15歳未満には服用させてはいけないので注意しましょう。15歳以上の人は、1日2回朝夕に服用するようにしましょう。
症状が軽い時期から飲み始めることが効果的とされているので、そろそろ花粉が飛び始める時期なので服用を検討してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る