名前が似てるビオフェルミンRとビオフェルミンの違いとは?

スポンサーリンク
白い錠剤

はじめに

ドラッグストアや薬局などで買うことができる「ビオフェルミン」ですが、あるとき薬局で「ビオフェルミンR」をもらったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?
この「R」がついたビオフェルミンは、普通のビオフェルミンと何が違うのだろうと思う方もいらっしゃると思います。

なので、今回は「ビオフェルミン」と「ビオフェルミンR」の違いについて説明していきます。

目次

ビオフェルミンについて
ビオフェルミンRとは?
保険適応の観点から
抗生物質を飲んでるけども、普通のビオフェルミンを飲んでいる方へ
薬価・価格の違い
錠剤のなかの菌って生きてるの?
保存の注意点
まとめ

ビオフェルミンについて

ビオフェルミンは乳酸菌やその仲間を用いた薬で、下痢や便秘などのお腹の調子が悪いのを改善する働きがあります。下痢や便秘が生じたときに飲むのではなくて、日頃から飲み続けるほうが効果があるとされています。

どうして、乳酸菌を服用することで、腸内環境を改善できるのでしょうか?

人間の腸内には、様々な種類の菌が住んでいます。良い菌も悪い菌も含め様々な菌がいるのですが、これら菌のバランスがとれなくなってしまうと、お腹の調子が悪くなる事が知られています。乳酸菌はこのバランスを正常に近づける作用があるため、お腹の調子を整える事ができるのです。なので、即効性が高いわけではなく、徐々に効いていくというイメージです。

薬局で売られているビオフェルミン製剤にはいくつかの種類があるのですが、その違いというのは用いられている乳酸菌の種類が異なっている点や加工方法の違いにあります。

ビオフェルミンやラックビーなどの乳酸菌製剤の作用について知りたい人はこちらの記事「乳酸菌製剤(ビオフェルミン、ラックビー)はどのように便秘や下痢に効くの?」を参考にしてください。
 

ビオフェルミンRとは?

さて、ビオフェルミンと「R」がついたビオフェルミンRは、何が違うのでしょうか?
このビオフェルミンRというのは、抗生物質耐性を持っている乳酸菌の製剤です。
Resistance(抵抗、耐性)がRの由来です。
 
ビオフェルミンRは、ドラッグストアでは買う事ができない薬でして、処方箋がないと手に入れることができません。
そしておそらくですが、ビオフェルミンRを飲んでいると言う方は、なにかしらの抗生物質(抗菌薬)を一緒に飲んでいるのではないでしょうか?

なぜ、抗生物質を飲んでいる方が飲んでいるのがビオフェルミンRなのかといいますと、通常のビオフェルミンは乳酸菌といえども普通の菌であることには違いないので、抗菌薬を同時に飲むと死んでしまい、その整腸作用の効果が得られなくなってしまいます。
ですが、ビオフェルミンRは抗菌薬を併用していても死なない力を獲得している乳酸菌なので、抗菌薬服用中でもお腹の調子を整えるという効果を得る事ができます。

添付文書によると、
ペニシリン系、セファロスポリン系、アミノグリコシド系、マクロライド系、テトラサイクリン系、ナリジクス酸
の抗生物質存在下で、整腸作用を発揮することができるとされています。
ですが裏を返せば、一部の抗生物質に対しては、ビオフェルミンRといえどもやはり殺されてしまうということですね。

ビオフェルミンR1錠に含まれている菌の数は、百万~十億個になります。想像以上に多いですね!
全部が全部、腸に住み着くわけではないのですが、一部が腸内に住み着いて、整腸作用を発揮します。

ちなみにビオフェルミンの名前の由来はこんな感じです。

ビオフェルミン(BIOFERMIN)の「BIO」は「生命の、生きた」を意味し、「FERMIN」は「ferment(発酵、酵素)」に由来する。生きた微生物(乳酸菌)と宿主(ヒト)の有益な関係、すなわち乳酸菌製剤のあり方を表現したものである。
引用:ビオフェルミン R インタビューフォーム

ビオフェルミンRの副作用について

ビオフェルミンは、そもそも副作用が非常に少ない薬です。
少ないというよりほぼありません。用法用量通りの使用であれば、ほぼ副作用は現れないでしょう。

余談ですが、牛乳アレルギーの患者でも、ビオフェルミンRは服用することができます。
牛乳アレルギーの方が飲めない乳酸菌製剤は、ラックビーR、エンテロノンRです。
これらは、製造過程で脱脂粉乳など、牛乳由来物質を使っているため、牛乳アレルギーの方が服用してしまうと、アナフィラキシーショックを招いてしまいます。
一応、頭の片隅にでも入れといていただけると、副作用を防げるかと思います。

保険適応の観点から

さて、ビオフェルミンRが抗生物質と併用しているときに使用するということはお分かりいただけたかと思います。
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、だったら最初から普通のビオフェルミンなんて使用せずに、ビオフェルミンR使えばよくない?と思いませんか?

これは残念ながら、保険適応の観点から難しいのですね。

保険適応というのは、簡単に言えば、国から認められた効果・効能に使用するときにしか、保険(社会保険や国保)を適応しませんよー。それ以外の使い方をするなら自費でやってねという意味です。
この、国から認められた効果・効能というのは、薬の説明書である添付文書に記載されています。

ビオフェルミン添付文書

腸内菌叢の異常による諸症状の改善

ビオフェルミンR添付文書

下記抗生物質、化学療法剤投与時の腸内菌叢の異常による諸症状の改善
 ペニシリン系、セファロスポリン系、
 アミノグリコシド系、マクロライド系、
 テトラサイクリン系、ナリジクス酸

ご覧のとおり、ビオフェルミンRの保険適応は、あくまで抗生物質と一緒に飲んだときと明記されてしまっているのです。
基本的にはこれ以外の時に処方された場合は、保険が使えず、自費になってしまいます。

そんなことは患者さんにさせられないので、病院では抗生物質を使っていない患者さんには、普通のビオフェルミンが処方されます。

すごく細かいけどクラビットとビオフェルミンRは保険適応されない

抗生物質としてよく使われるクラビット(一般名:レボフロキサシン)は、ビオフェルミンRとの併用はその整腸効果が保証されていません。
クラビットは、ニューキノロン系に属する抗生物質なので、ビオフェルミンRの添付文書に記載の抗生物質種類群に含まれていません。

じゃあ、普通のビオフェルミンでいいんじゃない?と思うかもしれませんが、これも整腸効果は期待できないだろうという研究報告があります。

というわけで、クラビットにプラスして乳酸菌系の整腸剤を使いたいときは、ミヤBMかビオスリー配合錠が用いられるのが一般的です。
(※一応クラビット+ビオフェルミンRの組み合わせでも、整腸効果が期待できるという報告もあるので、医師によってはビオフェルミンRを処方するケースもあります)

抗生物質を飲んでるけども、普通のビオフェルミンを飲んでいる方へ

抗生物質(抗菌薬)を飲んでいるにも関わらず、通常のビオフェルミンを飲んでいると言う方がいらっしゃいましたら、それは効果がないので、次に病院に行ったときに、ビオフェルミンRを処方して欲しいということを医師に伝えていただければと思います。

ですが、短期的に抗生物質を飲んでいる場合は、薬を頻繁に変えることでの混乱を防ぐために、普通のビオフェルミンが出し続けられる場合もありますので、疑問がある方は薬剤師や医師に相談して下さい。

市販のビオフェルミンSも、耐性菌を使用していないので、抗生物質を飲んでいる方にはほぼ意味のない服用になってしまいます。
気を付けるようにしてください。

薬価・価格の違い

ついでに、ビオフェルミンとビオフェルミンRの値段の比較をしてみたいと思います。

というのも、個人的な疑問でビオフェルミンRはビオフェルミンと比較してどのくらい高くなるのか気になったからです。
※ビオフェルミンは薬局でも買うことのできるOTCのものもありますが、処方せんが必要なビオフェルミンで比較したいと思います。

商品名 メーカー 薬価 一日換算費用
ビオフェルミンR(錠) ビオフェルミン製薬 5.8円/錠 17.4円
ビオフェルミンR(散) ビオフェルミン製薬 6.2円/g 18.6円
ビオフェルミン錠剤 ビオフェルミン製薬 5.6円/錠 16.8円
ビオフェルミン配合散 ビオフェルミン製薬 6.2円/g 18.6円

意外でしたが、そこまでびっくりするような違いが無いことがわかりますね。

錠剤ではちょっとだけ普通のビオフェルミンのほうが安いです。おそらくは、大量生産しているので、コストも対して変わらなくなるのでしょうか。

錠剤や粉のなかの菌って生きてるの?

ここまで、ビオフェルミンについて話してきまして、体によい菌の薬であることはお分かりいただけたと思いますが、そもそも錠剤や粉のなかで、菌って生きてるのだろうか?って思いますよね笑
もしくは、死んでても効果を発揮するのでしょうか?

結論からお話すると、錠剤や粉のなかでも菌は生きています。
正しく言えば、仮死状態という状態で生きています。

仮死状態の菌は、食べ物がなくても問題なく生きていられます。
水分が加わることで、仮死状態から普通の状態に戻り、生命活動を活発にします。
強いですねー笑

保存の注意点

保存の注意点ですが、湿気が天敵となります。
というのも、仮死状態になっているので、そこに水分が加わってしまうと、普通の状態にもどってしまいます。
普通の状態に戻ると、食べ物が必要となるのですが、腸内でなければ食べ物が無いので、餓死してしまいます。
これでは、実際に服用したときに効果がかなり薄れてしまい、もったいありません。

なので、保存するときには湿気ないように注意しましょう。
粉薬で薬局で他の粉薬と混ぜている場合には特に注意が必要です。
乾燥剤をいれた、ふたのついた空き缶にいれて保存するとよいでしょう。
ユニパックでもよいかと思います。

まとめ

ビオフェルミンRは、抗生物質に耐性をもった乳酸菌製剤で、整腸効果が期待できる。
保険適応の観点から、ビオフェルミンRは抗生物質と一緒でしか、基本的には処方されない。
水分があると、仮死状態から復帰するため、湿気を避けて保存することが望ましい。

乳酸菌の健康食品はいかがですか?

乳酸菌革命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る