【フォシーガ(ダパグリフロジン)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

SGLT2阻害作用を有する2型糖尿病治療薬のフォシーガ。
有効成分はダパグリフロジンです。
日本では2014年5月に発売されました。

今回は、フォシーガについて紹介していきたいと思います。

目次

フォシーガってどんな薬?
フォシーガってどうやって効くの?
フォシーガの用法・用量
フォシーガの副作用
フォシーガの注意点
まとめ

フォシーガってどんな薬?

フォシーガは2型糖尿病の治療薬です。
有効成分はダパグリフロジンで、SGLT2阻害作用を有します。

【効能・効果】
2型糖尿病

<効能・効果に関連する使用上の注意>
本剤は2型糖尿病と診断された患者に対してのみ使用し、1型糖尿病の患者には投与しないこと。

1.重度の腎機能障害のある患者又は透析中の末期腎不全患者では本剤の効果が期待できないため、投与しないこと。

2.中等度の腎機能障害のある患者では本剤の効果が十分に得られない可能性があるので投与の必要性を慎重に判断すること。
引用:フォシーガ 添付文書

フォシーガは2型糖尿病のみに用いる薬です。つまり、1型糖尿病には用いません。
1型糖尿病と2型糖尿病の違いは、インスリンを分泌する膵臓機能の差です。

1型糖尿病はほぼ完全に膵臓のインスリン分泌能力がない病気であり、2型は膵臓のインスリン分泌能力が低下しているもしくは、そのインスリンによる信号を受け取る細胞側の感受性が低い病気です。
1型糖尿病の第1選択薬はインスリンの注射になります。

フォシーガってどうやって効くの?

フォシーガの有効成分ダパグリフロジンは、SGLT2阻害作用を有します。

SGLT2とは、ナトリウム・グルコース共輸送体2(sodium-glucose co-transporter2)のことをいい、腎臓に存在する輸送体です。
この輸送体は尿の元の部分(原尿という)から、グルコースを血液中に戻す働きをします。
というのも、グルコースつまり糖分は、人体にとってエネルギー源として利用されるなど非常に大事な物質であり、みすみす尿中に放出してしまうのはもったいないです。
なので、SGLT2は、尿に放出されそうになっているグルコースをもう一度血中に戻す働きをしているのです。

SGLT2阻害薬の作用機序について

この図は、SGLT2阻害薬の働きをざっくり説明したものです。
糖尿病の方は、糖分が血中に多いのがまずいので、だったらSGLT2の働きを抑えて、糖分を尿と一緒に放出してしまえばいいじゃないか!というのが、この薬の考え方です。

フォシーガの用法・用量

【用法・用量】
通常、成人にはダパグリフロジンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、効
果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら10mg1日1回に増量することができる。
引用:フォシーガ 添付文書

フォシーガは、1日1回5mgを基本的には服用します。
ただ、この量で効果不十分な場合には、1日1回10mgを服用することもできます。
食事の影響を受けず、また服用時間による影響も受けないため、1日1回どの時間でも問題ありません。
ただ、毎日違う時間に服用すると血中の濃度が安定しないので、同じ時間に服用するようにしましょう。

フォシーガの副作用

報告されている主な副作用は、頻尿・口渇・性器感染・尿路感染があります。

糖分(グルコース)を尿中に多く排泄すると、水分も一緒に尿として放出されてしまいます。
その結果、多尿・頻尿の副作用が生じます。また、水分が体内から減ってしまうので、口渇(ひどいときは、脱水症)の副作用が生じてしまいます。

フォシーガの注意点

フォシーガには、使用してはいけない方が設定されています。

フォシーガを使用してはいけない方

【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
引用:フォシーガ 添付文書

まず、フォシーガを過去服用して、アレルギー反応やアナフィラキシーショックを起こすなど、過敏症症状を起こした方には使うことはできません。

重篤なケトーシス(ケトン体が大量に体内にたまってしまう状態)、糖尿病性昏睡(著しい高血糖状態によって生じる昏睡)の方には用いません。
インスリン注射が必要だからです。SGLT2阻害薬使ってる場合じゃねぇってことです。

最後に、重症感染症、手術前後、重篤な外傷がある糖尿病患者さんの血糖コントロールにもフォシーガは使ってはいけません。
といいますか、コントロールが難しいためインスリン注射をすべきということです。

まとめ

フォシーガは、SGLT2阻害作用を有する2型糖尿病治療薬です。
尿とともに糖分を排泄することにより、血糖値を下げます。

使用に際しては医師の指示通り使用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る