エバスチンのスイッチOTC「エバステルAL」ってどんな薬?

スポンサーリンク

医療用抗アレルギー成分のエバスチンを、日本で初めてスイッチOTC 化したアレルギー専用鼻炎薬「エバステルAL」(第1類医薬品)を新発売いたしました。
引用:アレルギー専用鼻炎薬「エバステルAL」 新発売

そろそろ花粉のシーズンですね。花粉症の人にとってはつらい季節が始まろうとしています。花粉症の症状に対する薬はいくつかあるのですが、新しく花粉症やハウスダストによるアレルギー性鼻炎に対する治療薬「エバステルAL」が販売されるということで、今回はエバステルALについて書いていきたいと思います。

エバステルALとは?

エバステルALは、エバスチンという成分を含む処方せんなしで買うことが出来るOTCです。エバスチンは、処方せんが必要な医療用医薬品としてはもうすでに利用されていたのですが、今回初めてOTCで販売されます。

エバスチンは、ヒスタミンH1受容体遮断作用を持ちます。このヒスタミン受容体が刺激されることで、かゆみが引き起こされます。なので、そこのスイッチを遮断してしまえば、アレルギーの症状を抑えることが出来ます。

ヒスタミンH1受容体遮断作用を持つ薬には、副作用として眠気が多くみられます。ですが、このエバスチンはその眠気が起きにくいとされている薬なのです。(注意:眠気の副作用が全くないというわけではなく、人によっては眠気が強く出ることがあるので、服用後は車等の運転をしないほうが良いとされています)

スイッチOTCとは?

今まで医療用医薬品だけだった成分が、OTC化されることを「スイッチOTC」と言います。医療費の削減や利便性の向上が期待され、近年積極的にスイッチOTC化が進んでいます。例えば、今までにスイッチOTC化された成分として以下のような商品があります。

  • ロキソニンS(一般名:ロキソプロフェン)
  • アレグラFX(一般名:フェキソフェナジン)
  • アレジオン10(一般名:エピナスチン)
  • ガスター10(一般名:ファモチジン)

スイッチOTCになると、医師の診断を受ける時間を節約することが出来るようになるので、消費者としてもメリットがあるのではないかと思います。

まとめ

エバステルALは、ヒスタミンH1受容体遮断作用を持つ抗アレルギー薬「エバスチン」のスイッチOTCです。花粉症やハウスダストによるアレルギー性鼻炎に対して用いられます。
花粉症等でつらい方は、一度使ってみてはいかがでしょうか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る