【ジクアス点眼液(ジクアホソルナトリウム)】って?効果効能・副作用を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

ジクアス点眼液は、ドライアイの治療に用いられる点眼薬です。
有効成分はジクアホソルナトリウム。

今回は、ジクアス点眼液の効果効能、副作用や注意点について紹介します。

目次

ジクアス点眼液ってどんな薬?
ジクアス点眼液って何の病気に使えるの?
ジクアス点眼液ってどうやって効くの?
ジクアス点眼液の一般的な使う量と回数
ジクアス点眼液の副作用
ジクアス点眼液で気を付けることは?
ジクアス点眼液のジェネリック(GE)ってあるの?
ジクアス点眼液の市販薬(OTC)ってあるの?
まとめ
関連する情報

ジクアス点眼液ってどんな薬?

ジクアス点眼液は、有効成分ジクアホソルナトリウムの点眼液です。
日本では、2010年12月に販売開始されました。

効能又は効果
ドライアイ
引用:ジクアス点眼液3% 添付文書

ジクアス点眼液って何の病気に使えるの?

ドライアイは、目の表面を覆っている涙の量が不足することで生じる病気です。
涙による保護が弱いため、表面に傷ができることもあります。

高齢者やエアコンによる乾燥、PCやスマホの使用、コンタクトレンズ着用などにより、近年ドライアイ患者さんは増えてきています。

ジクアス点眼液ってどうやって効くの?

ジクアス点眼液の有効成分ジクアホソルナトリウムは、角膜上皮・結膜上皮・結膜杯細胞膜上に存在するP2Y2受容体に結合させ、塩化物イオン・水・ムチン分泌を促進させます。
ムチンは、粘液性の物質で、水だけだとあっというまに蒸発してしまうのを防ぎ、ある程度の保持性を確保する物質です。

この、ムチンと水の分泌促進効果により、目のうるおいを増やします。

ジクアス点眼液の一般的な使う量と回数

用法及び用量
通常、1回1滴、1日6回点眼する。
引用:ジクアス点眼液3% 添付文書

ジクアス点眼液は、通常少し回数多く、1日6回点眼します。
3時間に1回程度の点眼頻度ですね。

医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。

ジクアス点眼液の副作用

ジクアス点眼液に報告されている主な副作用として、目の刺激感・眼脂(目やにがでる)・結膜充血・目の痛み・目のそう痒感・目の不快感・異物感が報告されています。

使用していて、症状悪化や違和感を感じたら、医師に相談するようにしてください。

ジクアス点眼液で気を付けることは?

継続的な使用を心がけてください。

通常、1日6回使用することからもわかるように、持続性はありません。
医師の指示どおりに継続して使用して、目を乾燥によるダメージから守るようにしてください。

他の点眼薬と併用する場合は、5分以上の間隔をあけてください。

他の目薬を使用しなくてはいけない場合は、5分以上の間隔をあけてください。
すぐ、次の目薬を使用してしまうと、その前の目薬成分が洗いだされてしまって、効果が弱くなってしまいます。

目薬容器の先端に、まつげ・目・まぶたがふれないようにしてください。

目薬の先端に異物が触れると、細菌が入り込み、細菌まみれの目薬になってしまう可能性があります。
注意して使用してください。

ジクアス点眼液のジェネリック(GE)ってあるの?

ジクアス点眼液のジェネリックは、2018年6月現在販売されていません。

ジクアス点眼液の市販薬(OTC)ってあるの?

ジクアホソルナトリウムを有効成分とするOTCは、2018年6月現在、販売されていません。

まとめ

ジクアス点眼液は、ドライアイの治療に用いられる薬です。
目に作用して、水分やムチン(粘液性の水を保持する物質)の分泌を促し、目の乾燥を防ぎます。

使用に際しては、医師の指示通りに使用するようにしてください。

関連する情報

目薬・眼軟膏を使う順番とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る